第71回 甲府工業高等学校(山梨)2018年03月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

甲府工業野球部

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]「想い」「こだわり」「進化」で甲子園で勝利の校歌を
[2]チーム間での声の掛け合いでは負けない
[3]「進化」した姿を春夏の大会で見せ付ける

「想い」「こだわり」「進化」で甲子園で勝利の校歌を

■「ドラフト1位」を3人生み出した名門公立
 山梨県の県都・甲府市。その北西部にある山梨県立甲府工業高等学校。1917年に甲府市立工芸学校として創立され、1941年に「甲府工業学校」として山梨県に移管。1947年に現校名となった。野球部OBには1966年二次ドラフト阪神タイガース1位指名の西村 公一内野手、1988年ドラフト阪神タイガース1位指名の中込 伸投手(入団時は同球団練習生)、1994年ドラフト阪神タイガース1位指名の山村 宏樹投手と3人のドラフト1位指名選手を筆頭に、多くのプロ野球選手を輩出している。さらに歌手の田原 俊彦さんも同校OBである。

■甲府工野球部の紹介
 過去に春5回・夏8回の甲子園出場。1987年春・1666年夏にはベスト8入りも果たしている野球部は現在2年生18名(女子マネージャー1名)、1年生18名の計36名で活動中。2004年春以来となる「甲子園で勝利の校歌を歌う」を目標に、他部と共用するグラウンドをシェアしつつ、毎年バージョンアップするサーキットトレーニング、伝統の坂道ダッシュをはじめとするランニングやウエイトなどでの基礎体力強化にも力を入れる。
 現チームのキャプテンは坂本 司中堅手。「打倒私学」をまずは大きなテーマとして掲げ、秋の課題を踏まえ、守備強化を現在取り組んでいます」と語っている。

■チームがスタートしてからの思い出深いエピソードは?
 昨秋の山梨県大会は甲府城西日大明誠にコールド勝ち。韮崎工も完封してベスト8入りを決めたものの、準々決勝では後に関東大会に出場した山梨学院に1対3と惜敗を喫した。
 なお、坂本キャプテンが印象深い試合としてあげたのは昨年11月に対戦した国士舘との練習試合。「シーズン最終戦ということでチーム全員で戦ったのですが、序盤は接戦も終盤、相手の粘り強さに敗れてしまった。秋の都大会ベスト4に入った力を思い知りました」と「自分の弱点を見つけて徹底的に追い込む。辛いことから逃げない。心の強化」を掲げる冬練習へのターニングポイントを振り返っている。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 坂本キャプテンが秋のMVPとしてあげたのは田中 修。「最初は代打起用だったが、毎打席結果を残して秋季大会後は4番を務めるようになった。勝負強さがある頼れる男になりました」と絶賛する。
 春以降のキーマンはエース左腕の渡辺 涼太。そして185センチで50メートル走6秒1、背筋力250キロという素晴らしい身体能力と長打力を兼ね備える坂本キャプテン本人も「『司に回せば大丈夫』と安心して頼れる打者になりたい」と意気込んでいる。

■この冬の意気込み!
 「甲府工は冬を越えると『別人になっている』と周りから言われるほど冬練習を大事にしているチーム。かつ2年生にとっては最後のオフシーズンになので、自分を極限まで追い込んで規格外のパワーを身に付けています!そして、5人が1本ずつホームランを放った昨秋の県大会から春はホームランを打つ人数・本数も増やし、山梨県No.1の打線を完成させます!」(坂本キャプテン)

このページのトップへ

【次のページ】 チーム間での声の掛け合いでは負けない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第46回 都留興譲館高等学校(山梨)【冬が僕らを強くする2018】
下妻二vs甲府工業【2008年秋の大会 第60回関東地区高校野球大会】
甲府工 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム