第28回 中央大学附属高等学校(東京)2018年02月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]チームのスローガンは「常笑気流(じょうしょうきりゅう)」
[2]新しく取り入れた11種類の素振りで打力をアップ
[3]仲間同士で叱咤激励しながら、日々、挑戦してほしい!

仲間同士で叱咤激励しながら、日々、挑戦してほしい!


秋季大会の中央大附の様子

 佐藤 天馬監督にお話を伺いました!

Q.新チームが始まってから、どのようなテーマをもってチーム作りをされて来たのでしょうか? 

 新チームで以前から公式戦を経験している選手が少なかったため、どのような試合運びができるのかまったく分からない中チームが始動しました。守備のセンターラインは経験のある選手が残っていたのですが、守りの面で我慢は必須であると感じており、選手にも常々伝えていました。ただ、練習試合を何試合も重ねていくうちに守備の我慢からリズムを作り、連打で大量得点を奪える集中力が備わっていったと感じています。
 また、得点を挙げるうえで最大の武器になったのは「積極的な走塁」。単独スチールだけでなく、エンドランや相手のすきにつけこむことでより先の塁へ到達することがこのチームのチャンスの作り方だと選手とともに確認できたので、「どのような場面、プレーの中で先の塁を狙うべきなのか」という意識もミーティングを重ねてチームの中で統一していきました。

Q.昨秋の大会を振り返り、冬の強化ポイントを教えてください。 

 秋の大会では、予選ブロックから特長を出しながら勝ち進むことができましたが、選手が感じた通り、特に打撃の面での力不足を痛感しました。大会後、様々なミーティングを行い、課題意識をチームの中で統一させ、練習に取り組む際の気持ちも引き上げていくことを確認しています。

Q.厳しい冬の練習に挑んでいる選手たちにメッセージをお願いします! 

 とにかく「自分たちの練習にする」ということに尽きる。課題を見つけることやチームのなかで活躍するために必要なことを自分で見つけ出し、その練習法をこれまでの練習から見つけ出し、自分と向き合いながら練習に取り組む。このサイクルを個人としてもチームとしても行うことが「自分たちの練習にする」ということだと考えています。そのために軸となるスローガンを意識することや、仲間同士での叱咤激励をしながら、日々、挑戦してほしい。スタッフもともに体を動かし、汗を流します!

佐藤監督、そして中央大学附属高校野球部の皆様ありがとうございました!

今年も大好評!【冬が僕らを強くする 特設ページ】
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大諏訪vs東京都市大塩尻【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
第12回 国立中央リトルシニア(東京)楽しいだけではなく、礼儀や挨拶には厳しく!【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第11回 荒川リトルシニア(東京)自主性と感謝の気持ちを学び、人として成長させる【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
松本国際vs 東京都市大塩尻【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会 中信予選会】
第648回 準決勝を迎える春季東京都大会!試合に先がけ見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
第59回 圧倒的私立校優勢の構図ながら、頑張る都立勢が刺激になり盛り上がる【東京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
都立高島vs中大附【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第63回 國學院久我山高等学校(東京)【冬が僕らを強くする2018】
錦城学園vs中大附【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
中大附vs都立片倉【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
都立小平 【高校別データ】
中大附 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム