目次

[1]チームの中心は主将で4番捕手の木村海達
[2]制球力の高さが光る檜垣 桜太郎投手


 今年、ヤングリーグで春夏連続日本一の偉業を成し遂げたのが、広島県東広島市で活動する府中広島2000ヤングだ。全国大会には18年連続で出場を果たしており、10月に行われたプロ野球ドラフト会議では、法政大の岡田 悠希外野手(龍谷大平安出身)、広島新庄花田 侑樹投手と2人のOBが指名を受けた。

 前回は、チームが方針に掲げる「人前で話せるようになること」の重要性や、「子どもの成長のために親の成長も大事である」という中田 博監督の理念を紹介したが、今回は春夏連覇に貢献した選手たちを紹介していく。

前編はこちら
キーワードは「話せること」と「親の成長」。ヤングリーグ春夏連覇の監督が語る中学野球での人間形成

チームの中心は主将で4番捕手の木村海達


 チームの中心となったのは、主将で4番捕手の木村 海達(きむら・かいたつ)だ。175センチ、78キロで、小学校時代は広島東洋カープジュニアを経験し、府中広島2000でも中学通算で16本塁打を放つなど活躍。捕手としても、フットワークの良さや強肩だけでなく、多くの投手をリードする頭脳も光り、まさにチームの屋台骨を担う選手だった。

「広島東洋カープジュニアでは、札幌ドームで全国のいろんな地区から集まった選手と対戦することができました。自分よりも体の大きな選手や、飛距離がすごい選手がいて、この地域では自分が上手いと思っていましたが、もっと上のレベルを目指そうと思うようになりました」

 府中広島2000では主将に捕手とチームを引っ張るポジションを任され、最終学年では意識することも非常に多かったという。様々なことに気を配りをしながら全国制覇を経験したことは、野球選手としての大きな自信になった。

「キャプテンとしては、中田監督から常に目配り、気配りをできるようになりなさいと言われていました。困っている選手や、元気がない選手がいないか目を配りながら、そういった選手には積極的に声をかけたり、また人がやりたがらないことを進んで自分がやることを意識しました」

 最終的には、プロ野球選手になりたいと目標を掲げる木村は、高校では更なるレベルアップを目指して関東地区の名門校へ進学予定だという。もちろん、甲子園への思いも非常に強い。

「やっぱり甲子園に出場して、プロ野球選手になることが僕の夢です。そこにつながるような高校生活を送りたいと思います」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。