目次

[1]エージェントの仕事はハードだけど、とてもやりがいのある仕事
[2]ドミニカにとって野球は貧困に打ち勝つことができるスポーツ
[3]ドミニカ野球の醍醐味は剛速球とホームラン

 3月6日に開幕している第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)特別企画として、野球レポーター・豊島 わかなさん(元グラゼニ女子)が、「世界」をテーマに各国のエージェントやNPB・独立リーグのフロントなどに直撃インタビュー!
 侍ジャパン日本代表はいよいよ準決勝でアメリカと対戦しますが、そのアメリカと二次ラウンドを戦い、惜しくも決勝トーナメント進出できなかったドミニカ共和国。今回は、2013年、第3回WBCで世界を制したドミニカ共和国の野球事情を徹底解剖。日本でドミニカのエージェントとして活躍するエドウィン・ドミンゲスさんに直撃取材しました。

エージェントの仕事はハードだけど、とてもやりがいのある仕事

豊島わかな(以下、豊):はじめまして、豊島 わかなです!よろしくお願いします!

エドウィンさん(以下、エ):よろしくお願いします。

豊:はじめに、エドウィンさんはなぜエージェントの仕事を始められたのですか?

エ:私自身ずっと野球ファンだったことが第一の理由です。きっかけになったのは、以前お世話になっていたトレーナーさんが、私の故郷で野球のアカデミーを始めるということで連絡をとってきてくれたことですね。

豊:なるほど!エドウィンさんはいつから野球をやられていたのですか?

エ:私は小さいころから大学までプレーしていました。

豊:選手としてプレーしていたんですね! エージェントを始めた時期を詳しく教えてください。

エ:大学卒業時ですね。そのとき、野球をやめましたが、トレーナーさんから連絡があったのはそのタイミングでした。ドミニカでは野球は一大産業で、みんながたくさん野球に関われる機会を持っています。みんなデービット・オルティスやイチローのようなスーパースターを目指すのですが、才能がないと気付く時期が訪れます。私の場合は、もう野球選手にはなれないんだと悟って、今度はプロの世界でスーパースターになることを夢見るプレーヤーたちの手伝いをしようと決意しました。

豊:プレーは諦めても、また別の方法で野球に携わることができているんですね!では、そのエージェントの仕事の面白さはどういうところに感じますか?

エ:選手たちをプロの世界に送り出して、彼らが力をつけて大きな選手になっていくのを見ていくのは嬉しいですね。私の仕事で最も重要なのは選手たちを成功に導くことです。これは本当に難しいことですが、楽しくてやりがいを感じています。

豊:面白い中にも苦労話があると思うんですが、大変なことなどはありますか?

エ:一番しんどいのは、24時間休みがないことです。日本とドミニカでは13時間時差があるので、先日には朝の4時に電話がかかってきて…と言うこともありました。多くの選手がプロを志して私のところに来てくれるのですが、やはりプロの枠には限りがあったり、私の時間にも限りがあったりで、全員の手助けをするというのは厳しいという面もあります。やる気があったり、性格が良かったり、野球の才能があるのにもかかわらず、チャンスに恵まれない選手はたくさんいるので、私はそういった素質のある、人柄のいい選手たちを見極めていくことが自分の仕事の中で重要なことだと思います。