第135回 3年生座談会 都立高島高等学校(東京)・前編「秋、春の敗戦が強打を生み出す」2016年10月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]3年生全員がキャプテン
[2]強豪・東亜学園との戦いでみつけたもの
[3]自分たちの野球ができなかった春

 今年、東東京大会の夏は関東一が優勝を決め甲子園へ出場を果たしたが、とくに今年の東東京大会は都立高が飛躍を見せた年でもあった。その中でも都立高島は16年ぶりのベスト16入りを果たし、驚異の打撃力を見せつけた。この夏の打撃力はどういった練習から生まれたものだったのか、そしてベスト16という勝ち上がりまでの過程はどういったものだったのか。東東京の大きな快音を響かせた都立高島野球部の3年生に、この1年間を振り返っていただいた。

登場メンバー
清水 海斗…主将
大竹 諒…4番キャッチャー
山崎 翔真…3番サード
柴田 葵…5番ファースト 
佐藤 魁…1番ショート
藤原 一貴…投手

3年生全員がキャプテン!

清水 海斗(都立高島高等学校)

――新チームとしてのスタートはどういったものでしたか?

清水:新チーム最初の始まりは練習ではなくて、まず伝統なのですが、新チームになってから一週間ほど環境の整備をします。草むしりであったり、ボールの数を数えたりなどといったことから始まります。その環境の整備がしっかりと終わってから本格的に始動していく感じですね。チームとして練習を始めていったのですが、最初は転々バラバラという感じでした。

――そういった始まりの中、清水君はキャプテンとしてチームをこうしていこうなどはありましたか?

清水:自分はその時はまだキャプテンではなかったですね。自分たちの代は、秋の地区予選抽選会ギリギリまでキャプテンを順番に回していました。そういう形で行っていたので一人ひとりがチームを見ていくことが出来ていき、そのおかげで秋季大会のあたりではまとまることができました。

 キャプテンに任命されたのは抽選会の少し前ぐらいですが、改めて任命されて重圧というかプレッシャーはありました。自分は生活面のキャプテンを務めていて、試合などのゲームキャプテンは大竹が務めてくれていました。一応キャプテンでしたけど、キャプテンはみんな経験はしていたので3年生全員がキャプテンみたいなものでした。

 3年生全員がキャプテンとして始まった新たな都立高島野球部。チームがやっと一つにまとまってきている中、迎えた秋季大会について伺った。

【次のページ】 強豪・東亜学園との戦いでみつけたもの

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
関東一vs都立葛飾野【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立高島vs都立東【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
東京実vs東亜学園【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第935回 【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
横浜vs関東一 2【2019年 練習試合(交流試合)・春】
横浜vs関東一【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
第854回 東海大菅生vs八王子or日野、早実vs佼成学園or工学院大附など東京都大会は序盤から大混戦!【大会展望・総括コラム】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第856回 キューバ打線に自責点0の快投!細野晴希(東亜学園)を急成長させた繊細な感覚と観察力 【2018年インタビュー】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
第842回 キューバ遠征で自分を変えたい! 東東京屈指の速球派右腕・谷 幸之助(関東一) 【2018年インタビュー】
佐藤 海波(都立高島) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】
東亜学園 【高校別データ】
都立高島 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム