第43回 7分間ノックはしない!どこで最高のパフォーマンスを出すのか?古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.52019年03月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]7分間ノックはしない!どこで最高のパフォーマンスを出すのか?
[2]なぜこのような考えが生まれたのか

 九州文化学園は試合前の7分ノックをしない。本当にノックを行わないのである。つまり「0分」である。 今までの連載コラムで、「背番号決めは、総選挙」など独創的な考え方を紹介してきたが、今回は「最高のパフォーマンスをどこで出すのか」を軸に、7分間ノックをしないと決断した、古賀 豪紀(こが・ひでとし)監督の意図に迫る。

今までの連載記事
vol.1:背番号は総選挙で決めるその真意 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.2:どこよりも重みのある背番号 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.3:個人的な会話をしない「見る」コミュニケーション 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.4:たった一言の「声がけ」が大きな力になる!古賀 豪紀監督(九州文化学園)

7分間ノックはしない!どこで最高のパフォーマンスを出すのか?



九州文化学園は7分間ノックをしない

 「夏の40度ある時にシートノックが7分あるじゃないですか、(ノックで左右に)飛ばされて、泥だらけになって、汗かいて。今から試合というのにノックと試合どっちがメインかと思います。だからうち(九州文化学園)は7分間ノックしないです。公式戦も練習試合も一切ノックしないです」

 「日射病で倒れるような40度のなかで7分間ノックしないといけないんですか。シートノックをみたいとお客さんも望んでるんでるかもしれない。でも違うんですよ。お客さんのためにするわけじゃなくて、子供たちがどんな最高のパフォーマンスをグランドで出せるかですね。3年間の練習の成果を。だから僕はゆっくりベンチで休んいけって、ベンチでゆっくり呼吸整えておけって。暑いですから」

古賀監督の考えは至ってシンプルである。野球は、「相手より多くの得点を記録して、勝つことを目的とする」スポーツなのである。「シートノックの美しさを競う」スポーツでもない。だからこそ、試合で最高のパフォーマンスを出せるために、シートノックをやらないという決断をしたのである。

 「子供たちの最高のパフォーマンスを出させるためにします」

 この言葉こそ、7分間ノックをしないと決断した古賀監督の意図だ。

【次のページ】 なぜこのような考えが生まれたのか

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第925回 創成館が連覇なるか?!長崎商や佐世保実、九州文化学園など対抗馬も実力が拮抗!【大会展望・総括コラム】
第932回 双子の兄弟はプロ野球選手の夢を叶えるために高校での活躍を誓う  後藤遼介、後藤祐大朗(九州文化学園) 【2019年インタビュー】
第931回 野球だけじゃない!人間的魅力も詰まった遊撃手「柏木」の魅力  柏木寿志(九州文化学園) 【2019年インタビュー】
第45回 試合は試合で覚える!春のベンチ入りは驚きの方法で決める 古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.7【名将たちの言葉】
第44回 取捨選択の裏にある、非常に高いレベルでの要求!古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.6【名将たちの言葉】
第42回 たった一言の「声がけ」が大きな力になる!古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.4【名将たちの言葉】
九州文化学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム