目次
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介! / 今年のチームについて
[2]秋の大会を振り返って
[3]指導者が語る!このチームの強み

 北海道上磯郡知内町。この町はマコガレイやニラが特産品で、特にしりうちにらは北海道一の生産量を誇っています。そんな知内町にある知内(しりうち)高等学校は町内唯一の高校です。野球部は、1990年に春季全道大会初出場を決めると、その後着実に力をつけ、1992年の10月に秋季全道大会準優勝を成し遂げ、第65回選抜高等学校野球大会初出場を果たします。大会では初戦で浜松商に敗れましたが、おらが町の代表として大きな記憶を残しました。

 この春は全道大会出場と夏の甲子園出場を目指して、「心を一つに」をスローガンに、日々、練習に取り組む知内ナインにこの冬にかける思いを伺いました。

チーム基本情報を紹介!

知内高校の山本 恭輔君(学年:2年/役職:主将)にお話を伺いました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生15人、2年生 9人の合わせて24人です!

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 室内練習場で練習しています!

今年のチームについて

下半身のドリルに取り組む選手たち(知内高等学校)

Q. 今年のチームのウリ(セールスポイント)を教えてください。

 「心を一つに~チーム7本柱~」、「声を武器に」、「打ち勝つ」ということを目標に戦っています!

Q. ありがとうございます。チームの7本柱について詳しく教えてください。

 「はい」「走る」「礼儀・マナー」「道具」「全員が」「大きな声」「ありがとう」の7つのキーワードがあって、この7つを実践して、人ととして、チームとして、大きく成長したいと思っています。

Q. 精神的な強さに磨きをかけているのですね!では、このオフシーズンでのチームの目標は何ですか?

 互いに褒め合い、指摘し合い、個々の能力を高めながらチームとしてまとまり、成長していくことです!

Q. 選手同士で指摘し合い、褒め合うことでチーム内のコミュニケーションも図れてチームがまとまりますよね!では、オフシーズンの練習で、『自分たちのチームならでは』の名物練習や、これは本当にキツイというメニューがあれば教えてください。

 基本を徹底することと、タイヤ押しです。

Q. 基本に忠実にプレーすることは大切ですからね!では、この春、そして夏の目標を教えてください!

 春は全道大会出場、夏は甲子園に出場することです!

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。