第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭2018年06月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]
[2]
沖縄県勢の努力による発展

[3]指導者の努力と新勢力

戦後の沖縄県の高校野球の歴史



沖縄の高校野球のステップとなった興南

 現在は、高校野球の中でも強豪県の一つとして挙げられる沖縄県勢。全国制覇の実績としても1999(平成11)年春の沖縄尚学をはじめとして2008(平成20)年春に再び沖縄尚学
 さらに2年後の10年には興南が春夏連続優勝を果たしている。これだけを見ても、ことにここ20年では全国でも有数の強豪県と言えよう。

 しかし、歴史的には沖縄の高校野球は戦後の近代日本史の一部でもあるという見方もある。戦後、日本の領地ではなかったということは避けようのない事実だ。そして、1972(昭和47)年に沖縄県として正式に復帰するまでの歴史と、その後という意味では、高校野球の視点からでも大きく様変わりする。

 本土復帰前までの歴史の途中では68年に、記念大会の1県1校の沖縄代表・興南が快進撃をする。一つ勝つ度に甲子園の大きな拍手や声援も味方につけながら、あれよあれよと勝ち進んでベスト4にまで進出した。
 さすがに準決勝では優勝した興國に力尽きる形で大敗してしまったが、実はこれが、その後へつながっていく強い沖縄へのプロローグでもあったのだろう。

 それまではどうしても遠来の地から来たゲストというような印象があったのはぬぐえない。そして、本当の意味で全国の強豪校と対等になったのは、やはり本土復帰後の昭和50年代に入ってからだ。

 沖縄の高校野球の最初の一歩、つまりホップが63年夏に日大山形と未勝利地区対決となった首里の初勝利だ。そしてステップが興南のベスト4だった。さらに、大きくジャンプしたのが豊見城の登場ということになる。いうならば、歴史的な三段跳びで沖縄の高校野球は徐々に力を着けていったのである。

【次のページ】 沖縄県勢の努力による発展

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
木更津総合vs興南【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs創志学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
浦添工vs沖縄水産【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
第7回 興南高等学校(沖縄)【2年連続12回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第750回 【5日目見所】横浜が登場!一番の注目は創成館vs創志学園の好投手対決!!【大会展望・総括コラム】
第744回 記念大会は3学年で実力派が集結!甲子園を沸かせる剛腕たち(投手編)【大会展望・総括コラム】
第169回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.13「宜保翔、勝又温史」【ドラフト特集】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
第547回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】 【2017年インタビュー】
飯田 【高校別データ】
石川 【高校別データ】
石川 【高校別データ】
石川県工 【高校別データ】
浦添商 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
嘉手納 【高校別データ】
金沢 【高校別データ】
宜野座 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
豊見城 【高校別データ】
那覇商 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム