目次

[1]私学勢力の台頭による勢力構図の変化
[2]90年代以降の歴史と今後の行方

私学勢力の台頭による勢力構図の変化


 2017年夏と翌春に連続出場を果たした下関国際、17年春と15年春の宇部鴻城16年夏の高川学園など、近年はフレッシュな校名が相次いで出場を果たしている山口県勢である。
 もっとも、高川学園はかつては多々良学園という校名で、84年春に一度だけ甲子園出場を果たしている。校名変更は06年で、そこから再度強化されていくこととなった。また、11年夏には柳井学園も初出場。翌年春には、早鞆が春初出場を果たしている。

 いずれにしてもこうした私学勢の台頭は、明らかに勢力構図に変化が生じてきているともいえようか。その最たる理由としては、全国的な傾向に準じて、かつては下関商宇部商岩国などの公立勢が健闘していた山口県内でも私学勢力が台頭してきたということの表れであろうか。

 山口県勢の甲子園での決勝進出回数は8回もあり県勢の通算勝利数も108勝で107勝の岡山県よりも1つ上で20位となっている(2018年5月現在)。昭和30年代には下関商が全盛期となっていて、その時代に多く稼いでいたということもあったであろうか。
 近年は、山口県勢は甲子園ではそれほど買ってはいないのではないかという印象があるので、都道府県勝ち数ランキングでは半分よりも上にランクインしていることにも、少し驚かされる。

 歴史を見てみると、優勝は1958(昭和33)年の柳井と1963(昭和38)年の下関商なのだが1964(昭和39)年夏の早鞆、72年夏の柳井、74年夏の防府商、85年夏の宇部商などが準優勝している。
 宇部商以外は決して常連校という印象ではないだけに、改めて意外な印象を強めているのだろう。しかも共通して言えることは、いずれも必ずしも下馬評が高いという存在ではなかったのにもかかわらず、いつの間にかスルスルと勝ち上がってきて決勝まできてしまって気がついたら準優勝しているというケースだったということだ。

 しかも、それぞれが各都市から出てきているというのも特徴的である。県大会の段階から頭抜けてはいないのに、ねちねちと勝ち上がっていく執念と言っていいだろう。そのあたりは、その昔の長州藩の誇りが意外に力を発揮しているということになるのだろうか。