目次

[1] 野球が好きだった
[2] 仲間を信じ続ける

仲間を信じる



鳥栖マネージャー陣

 そんな彼女たちも今年の夏がいよいよ最後の夏となる。チームは2年前決勝戦で早稲田佐賀に惜しくも敗れ、甲子園出場を逃している。昨年は、そんな悔しさを胸に準決勝で佐賀商と対戦、中尾文治投手を中心に「先輩たちがたどり着いた決勝へ再度駒を進める!」と挑むも9回に逆転され悔しい敗戦を期した。マネージャーたちもそんな悔しさを間近で見てきた。

 だからこそ、飯森さんは夏の大会に向け、「最後まで諦めずに戦う選手たちを最後まで信じてあげたいなと思います。」と話し、大山さんは「最後まで信じて誰よりも近くで応援したいなと思います。」と話す。2人とも3年間を共に過ごしてきた仲間たちを信じ続け、側で応援し続ける。

 鳥栖高校野球部は、甲子園出場を果たすことができるのか。チームの成長に加えて、マネージャー達の活躍ぶりにも要注目である。

文=編集部

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。