目次

[1]投球術、素質ともに突き抜けていた
[2]後輩たちの憧れに

 1人のセンバツ優勝投手が現役を引退した。その名は今村 猛

 清峰(長崎)時代、2009年センバツに出場した今村は圧倒的な投球で優勝した。この優勝が公立校最後の甲子園優勝となっている。その後、今村は広島の中継ぎ投手として、通算431試合登板、115ホールドを記録している。今回は高校時代の恩師・吉田洸二監督に話を伺った。

投球術、素質ともに突き抜けていた


 吉田監督は高校野球で投げる投手には2つのタイプがあると評する。

「ゲームを作れる投手が非常に重要で、凄いボールを投げる投手がプロにいく。甲子園で勝てる投手がドラフト上位にいくわけではないですよね」

 一発勝負の高校野球では必然的にトーナメントに強い実戦力が高い結果を残す。逆に将来的にプロを狙える才能は持っているものの、実戦力が低く、トーナメントでは結果を残しにくく、ベンチになることが多い投手もいる。吉田監督はそういう投手は大学で結果を残しやすいと語る。清峰、山梨学院のエースとなった投手は当然だが、トーナメントに勝てる実戦力が高い投手ばかりだった。今村については「両方を兼ね備えていて、どちらの能力も別格でした。今村が出た後、指導する清峰、山梨学院、そして対戦するチームにも今村ほどの投手は見たことがありません」と絶賛する。

 ただ、入学当初からずば抜けていたわけではなかった。今村は小佐々中学校時代から評判の投手だったとはいえ、吉田監督からの目から凄さを感じなかった。吉田監督は2年夏が終わってから覚醒したという。

「体重は増えたのはもちろんなのですけど、人間が変わった感じですね。秋からセンバツにかけての成長がすごかった投手でした。自分がしっかりとやらないといけない自覚が芽生えたのか、目の色が変わり、取り組みぶりが大きく変わりました。私の中でも稀な成長パターンです」

 体重は10キロも増量。2年夏に甲子園に出てきた時から大型投手であったが、高校生としては規格外の体型となり、150キロ近い速球を投げ込むまでとなった。

 センバツでは44イニングを投げて1失点。吉田監督が語るように、別格という言葉が似合いすぎる実績だ。そもそも、この実績に並ぶ投手は松坂 大輔投手(横浜出身)などのスーパー投手しかいない。吉田監督の表現は決して大げさではない。

「もちろんヒットを打たれて、走者を出すことはあります。それでも、ピンチの場面、ここは点は取られていはいけない場面では、絶対に抑えるだろうという信頼感はありました」