目次
恩師が語るヒーローの高校時代 青木 宣親

[1]最後の夏、負けた後の彼の姿を見て指導者として嬉しさを覚えた
[2]高校卒業時の希望を見事に実現させる
[3]これからも宮崎の子供たちに夢と希望を与え続ける選手となってほしい

 前編では、高校入学時のエピソードや、3年春までの軌跡を描いていきました。後編では、最後の夏や大学、プロへ進んでのエピソードについて満窪部長に語っていただきました。

■前編「印象は『普通の高校生』『継続する大切さ』を教わる」から読む

最後の夏、負けた後の彼の姿を見て指導者として嬉しさを覚えた

 99年春の日向は秋の借りを返す勢いで快進撃を続け、決勝では高鍋を延長戦で破って優勝する。
「決勝の高鍋戦は負けていた試合を9回に追いつき、延長戦で勝ちました。青木はエース、大黒柱としてチームを支え、周りの選手が打って勝った。青木1人がヒーローというわけではなく、彼も含めたみんなで勝ったという印象が強いです。その後の春の九州大会は初戦敗退でしたが、優勝した東海大五(福岡、現・東海大福岡)にサヨナラ負けでした」

 春の県大会を制し、10年ぶりの甲子園を目指した夏だったが、準々決勝で鵬翔に敗れ、ベスト8で姿を消した。

「この大会は雨に泣かされました。試合が雨で伸びたことも何度かありました。その頃はチームのバスもなくて、JRで宮崎市内の球場まで通っていました。今のサンマリンスタジアムがまだできていなくて、駅の近くにある今はもうなくなった宮崎県営球場が会場でした。2日続けて電車で通って、雨で試合がなくて帰る。3日目は午後から晴れるからということで、駅の近くの日向学院で待機し、そこから改めて試合といった状態でした。移動、待機の繰り返しで、コンディションを整えることができず、鵬翔戦は青木の球も走っていなくて、打たれて負けて残念な結果になりました。そんなことがきっかけで、それ以降、マイクロバスを我々も使うようになった覚えがあります。

 負けた後、本人たちも当然悔しかったでしょうが、それ以上に地域の期待に応えられなかったことを彼らは申し訳なく思っていました。地域の皆さんに応援してもらっていることに結果で恩返しをしたい気持ちを持っていたので、それが叶えられなかったことを一番悔しがっていました。結果を出せなかったのは残念ですが、指導者としてはそんな気持ちを持ってくれるように育ってくれたことがうれしかったです。青木以降も、甲子園まで行くことはできませんでしたが、彼らの姿を見て力のある後輩たちが入ってきてくれました。時代は強豪私学でなければ甲子園や九州大会などの大会に行くのが難しくなりつつある中で、県立でもやれることを青木たちの代が示してくれたことは大きかったです」

 甲子園という夢は果たせなかったが、青木は卒業後、早稲田大に進学し、ヤクルトにドラフト4位で入団。同校出身としては2人目となるプロ野球選手となった。