黒田博樹 世界を制する投球術の正体

第17回 スライダーについて(2)2014年05月25日

 夢に向かって頑張る高校球児のみなさんに向けて、黒田博樹投手(ニューヨーク・ヤンキース)から、とっておきのメッセージを全18回シリーズで公開していきます。世界を制する投球術について、また、黒田投手の考え方も含め、毎週配信していきます!


スライダーについて(2)

 世界の舞台で活躍する黒田博樹選手が投球術について熱く語ります。今回は前回に引き続き、スライダーの握りとリリースについて解説します。

今回の動画『スライダーについて(2)』まとめ

・一つのシームだけではなく、二つのシームでプレッシャーをかけたほうが、スピンが効きやすいと思い、両方の縫い目に指をかけるようになった。

・真っ直ぐの軌道でスライダーを投げたいので、大きく曲げないことと、外にあまり膨らませないことを意識する。

・空振りを取りたい時は、ストレートに近い軌道でスライダーを投げる。

次回予告

次回は…「自分のボールの特徴を把握する」

動画本編はパソコン、スマートフォンからご覧ください。

動画の無断転載・転用及び、許可のない外部での利用を禁止します。
動画共有サイトなど第三者が試聴・視聴できるように公開することは法律により禁止されております。
悪質な場合は然るべき処理を行う場合がございますのでご注意ください。

※ご覧いただけない時にはお使いのブラウザを最新バージョンにアップデートして下さい。

このページのトップへ