2015年08月23日 県立柏の葉公園野球場

県立柏vs芝浦工大柏

2015年秋の大会 千葉県大会 一次予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

終盤に一気に爆発で柏対決制した県柏、県大会進出決める

4併殺と投球の上手さが光った藤田君(県立柏)

 つくばエクスプレスが開業して10年余が経過して、沿線の街は年ごとに開発されて発展しているように感じる。秋葉原駅から快速で約30分の所にある柏の葉キャンパス駅が県立柏の葉公園野球場の最寄り駅となる。この公園は、ドッグランも可能な施設やJリーグ柏レイソルのホームスタジアムで高校ラグビーなども行われる競技場などもある一大公園となっていて、野球場もその一角を占めている。

 両翼98mで中堅122mという広さで、時にプロ野球のイースタンリーグの試合も開催されるくらいである。
ただ、後発ということもあって、高校野球の試合開催には、他の各球場との綱引きなどもあって、やや時間がかかったようだ。それでも、こうして大会が開催されるようになった。そして、この日は県大会を目指す地区代表決定戦となったのだが、柏市内の4校が終結した。

 初回に、無死一三塁というピンチを牽制球アウトと併殺で切り抜けた県立柏はその裏、すぐに先頭の加藤君が右前打して相手送球ミスなども重なって二死満塁。ここで、6番東海林君が右前へタイムリー打して先制した。県立柏はピンチをしのいで、その後に得点、文字通り「ピンチの後にチャンスあり」ということだったのだが、6回にもそれを実践してみせた。

 4回に連続失策があって、同点に追いつかれていた県立柏。グラウンド整備後の6回、1番からの好打順の芝浦工大柏が宮下君、小野君と連打して無死一二塁とする。しかし、バントが不正打撃となり、その後も併殺で切り抜けるとその裏、先頭の2番斎藤君が左前打すると、バントで進め4番鈴木君のタイムリーで再びリードする。
さらに、船田君もつないで、ボークで二三塁となる。ここで、東海林君が今度はしっかりとスクイズを決めた。

 これで、完全にペースをつかんだ県立柏は、藤田君も7回、8回は3人ずつで抑えていいリズムとなっていく。
そして8回は相手内野陣の守りのミスなども重なり、加藤君や鈴木君のタイムリー打などで5点を奪い、そのままコールドゲームとなった。

 県立柏は派手さはないものの、4併殺という数字でも表れているように、取るべきアウトはきっちりと取っていくという姿勢が窺えた。4回の失点は失策絡みだったものの、その後は併殺で切り抜けていくなど、慌てずしっかりと守れたことが勝因と言っていいだろう。イニング前のフィールディングでは内野手がグラブを外して素手でゴロを処理するなどということも試みていた。そんな工夫も、自分たちのやれる範囲でやっていこうという姿勢の表れなのだろう。

(文=手束 仁

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!千葉県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
千葉学芸が堅守で東海大市原望洋を下す!千葉経済大付らも勝利した1回戦3試合を徹底レポート!【秋季千葉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
長狭vs県立柏【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
柏陵vs県立柏【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs中央学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
千葉商大付vs流通経済大柏【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
習志野は盤石の戦い、東葉は日体大柏を撃破!3試合を徹底レポート【21日 秋季千葉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第331回 【千葉抽選会後 展望】注目は木更津総合vs銚子商・柏南だけではない!見所満載の千葉大会を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第140回 【春季大会総括】春の戦国千葉を制したのは、2年連続で専大松戸!【大会展望・総括コラム】
第135回 【春季大会展望】春から戦国模様の千葉県春季大会の見所!【大会展望・総括コラム】
県立柏 【高校別データ】
芝浦工大柏 【高校別データ】
第68回秋季千葉県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

芝浦がんばビール 2015.08.21
夏に23―1で負けて悔しかっただろうから頑張れ

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る