主将が執念の同点打! 習志野が2年ぶりのべスト4!

  習志野成田。両校は近年、ライバル関係を築きつつある。習志野のライバルといえば銚子商。これは異論は全くない。だが近年、成田とは印象に残る対決が多いのだ。2010年夏準決勝では成田中川 諒習志野山下 斐紹。彼らは2011年秋に対戦をしている。結果は5対4と習志野が接戦を制したが、当時の試合を出場していた、あるいはスタンドから見ていた彼らが再び最後の夏で、甲子園出場をかけて対決するのだから、面白い。

 試合は序盤から動く形となる。1回裏、1番吉田 春樹(2年)が中前安打、2番熊澤 陽平(3年)の犠打、3番飯島 将輝(2年)の死球、4番松山 大志(3年)の四球で一死満塁。5番松本 壱成(3年)の犠飛で1点を先制。

  2回裏、7番長嶋 善二(3年)の右前安打、8番國吉 竜也(2年)の犠打、9番松島 慶(3年)の犠打で二死三塁となって1番吉田の内野安打でさらに1点を追加。成田の先発・町田 大空(2年)はここで降板。 

 3回表、9番田村 拓也(3年)は右前安打、1番丹治 光生(3年)の犠打で一死二塁、その後、バッテリーミスで一死三塁として2番内山 翔太(3年)が左犠飛を放ち、2対1に。

 3回裏から成田は2番手・北見 和希(3年)が登板。昨秋は背番号1をつけていた投手。北見は130キロ~135キロの直球、スライダー、フォークを集めて無失点で切り抜ける投球を見せる。

 そして4回表、成田は一死から6番西宮 裕太(3年)が三塁内野安打、7番秋山 裕磨(2年)は二ゴロで一死二塁のチャンスをつくる。8番松瀬 貴俊(3年)が中前適時打を放ち、同点に追いつく。

 だが4回裏、習志野は6番佐野 文哉(3年)の右前安打、7番長嶋の四球で無死一、二塁。8番国吉の犠打で一死二、三塁で9番松島の内野ゴロで3点目を入れて3対2と勝ち越す。

 5回表、成田は1番丹治が左前安打、2番内山の犠打、一死二塁、3番早坂が右中間を破る二塁打を放ち、同点に追いつくと、さらに二死となって、5番久保田が左前安打を放ち、4対3と勝ち越す。そして北見は3回1失点の好投。習志野ペースから成田の逆転に貢献したのは間違いなく北見の好投である。北見はこの回限りでマウンドを降りた。序盤から慌ただしい試合展開に。後半戦へ突入する。