News

好調・日本ハムを支える山崎福也、初のタイトル獲得へ!

2024.05.27


2年連続で最下位に沈んだ日本ハムが、今シーズンは好調だ。首位のソフトバンクとは4.5ゲーム離れているものの、勝率.595(25勝17敗2分)はリーグ2位で、セ・リーグ首位の阪神(勝率.581)よりも上。大躍進と言っていいだろう。

そのチームを牽引しているのが、今シーズンから加入した山崎 福也投手(日大三出身)だ。移籍1年目の今季、4月2日の初登板こそ敗戦投手となったものの、2試合目以降は負けなしの5連勝。パ・リーグの最多勝争いでトップを走っている。また8試合の登板で7試合のQS達成と安定感は抜群だ。

ここまでは全試合、週の頭である火曜日を任されている点も見逃せない。エースクラスの投手たちとのマッチアップが多い火曜日で、これだけの成績を残しているのは、チームにとってもとてつもなく大きい。

山崎は日大三(東京)から明治大を経て、2014年ドラフト1位指名でオリックスへと入団した。日大三から大卒でドラフト1位指名を受けプロ入りした選手は、大橋 穣(日大三→亜細亜大→1968年東映1位)、佐藤 道郎(日大三→日本大→1969年南海1位)、髙山 俊日大三→明治大→2015年阪神1位)そして山崎と4人いる。

山崎以外、この3人はいずれもプロ入り後にタイトル、あるいは表彰を受けている。

守備の名手として名を馳せた大橋は、遊撃手としてべストナイン5度、ダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)を7度も受賞。時代を築いたショートストップだ。

大橋の一学年下にあたる佐藤は、1年目からフル回転。最優秀防御率と新人王を同時に獲得した。以降も最高勝率と、2度の最多セーブのタイトルを受賞している。高山も入団1年目から規定打席に到達し新人王を受賞した。

現時点では、日大三から大学を経て大卒ドラフト1位入団の選手で、山崎だけが唯一タイトルがない。山崎もこのままの勢いで白星を積み重ね、母校の先輩や、後輩たちと同じくタイトル(表彰)を獲得できるだろうか。

※数字は2024年5月25日終了時点

<関連記事>
◆FA移籍・山崎 福也に恩師がエール!「山ちゃんは誰が見ても応援したくなる選手です」
◆【インタビュー】山崎福也が話す高校・大学での成長とは!?
◆セ首位阪神とほぼ同じ勝率! 日本ハムを支える守護神”圧巻の数字”
◆快進撃! 日本ハムの「早く一軍で見たい」3選手! 高卒3年目右腕が二軍防御率1点台
◆松本剛(日本ハム)が絶好調! 伝説の三冠王以来”2度目の右の首位打者”誕生なるか!?

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.01

21世紀枠でセンバツ出場経験のある豊橋工科が今年の公式戦初勝利!海陽学園は1年生右腕の力投実らず【24年夏・愛知大会】

2024.07.01

【夏の甲子園・関東地区好カード一覧】帝京と堀越、健大高崎と桐生第一が同ブロックに!東東京・群馬で大注目の序盤戦!

2024.07.01

とわの森三愛、立命館慶祥などが代表、出場16チームが出揃う【南北海道大会出場校一覧】

2024.07.01

首位・広島を牽引する「2016年ドラフト入団4人衆」! 8年の時を経て……外れ外れ1位、下位指名選手が大きく飛躍!

2024.07.02

北海道で本塁打が半減! 札幌支部では3分の1以下に……新基準バットの影響か、それとも【2024夏の甲子園】

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.26

【北北海道】北見支部では春全道4強の遠軽が登場、クラーク記念国際と好勝負演じた力見せる【2024夏の甲子園】

2024.06.27

高知・土佐高校に大型サイド右腕現る! 186cm酒井晶央が35年ぶりに名門を聖地へ導く!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.26

【北北海道】北見支部では春全道4強の遠軽が登場、クラーク記念国際と好勝負演じた力見せる【2024夏の甲子園】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!