News

【高校日本代表候補合宿】正林輝大(神村学園)が木製バットで圧巻の本塁打!公式戦は金属バットの使用を継続

2024.04.06


正林輝大(神村学園)

5日、高校日本代表候補合宿の2日目は紅白戦が行われた。午後の試合では左投手7人が登板。7回裏には今春の甲子園でも本塁打を打っている正林 輝大外野手(神村学園)がライトへ本塁打を放った。

午前中の試合でも左中間に二塁打を打つなど自慢の打棒をいかんなく発揮していた正林。この日最後の打席となる百々 愛輝投手(英明)との対戦で「芯で捉えていたので、いったかなと思いました」と内角のストレートを弾き返し、打った瞬間に本塁打とわかる会心の当たりだった。

木製バットでの実戦は今回が初めてだったという。「重さがこっち(木製バット)の方が軽いので、振りやすいのは振りやすいです」と手応えを感じつつも「折れる不安がないので、金属の方が打ちやすいです」と公式戦では引き続き金属バットを使用する意向を表明した。

この日に対戦して印象に残った投手には髙尾 響投手(広陵)の名を挙げ、「真っすぐもキレていましたし、変化球を待っていたら真っすぐで差し込まれる。どっちも打つのは難しいです」と手強さを感じていたようだ。

神村学園に戻って伝えたいことに関しては「しっかり振れる技術面の高さであったり、野球に取り組む姿勢というのは伝えたいと思います」と語った正林。今回の合宿は野球選手としての成長を加速される3日間となるはずだ。

<関連記事はこちら>
【一覧】紅白戦 出場選手
◆【一覧】高校日本代表一次候補39人
◆高校日本代表候補合宿がスタート! 報徳学園・今朝丸、大阪桐蔭・平嶋など14投手の顔ぶれを徹底紹介!
◆高校日本代表候補の「逸材野手19人」を徹底紹介!センバツのヒーローたち、全国の名選手が一堂に集う
◆高校日本代表候補の合宿がスタート!「折れる怖さが…」と選手たちは木製バットに苦戦
◆箱山遥人、正林 輝大が木製バットで本塁打!北照・高橋も最速146キロを叩き出し、猛アピール!【高校日本代表候補紅白戦 午後の部】

 

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.21

「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】

2024.06.21

【長野】22日に抽選会!上田西と東京都市大塩尻の「2強」に長野日大が続く、松商学園はノーシードからの「逆襲」へ<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【岐阜】22日に抽選会!今年の夏も「岐阜商対決」あるか、岐阜第一、関商工にもチャンスは十分<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.22

【鹿児島】神村学園は鹿児島商と沖永良部の勝者と対戦、鹿児島実は大島と初戦で対戦<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.18

激戦区・兵庫の組み合わせ決定!センバツ準V報徳学園は舞子と明石北の勝者と、3連覇狙う社、プロ注目右腕・槙野遥斗擁する須磨翔風など注目校の初戦は!?【2024年夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】