News

大阪桐蔭・平嶋佳知 全国の逸材相手に紅白戦で2回無失点!【高校日本代表候補合宿】

2024.04.06


平嶋 桂知(大阪桐蔭)

5日、高校日本代表一次候補の合宿は紅白戦2試合が行われ、平嶋 桂知投手(大阪桐蔭)は2回無失点の好投。最速146キロ、平均球速141.4キロを計測したストレート、130キロ前半のカットボール、フォークボールを投げ分ける投球は見応えがあった。

平嶋は「だいぶ出力が高いストレートを投げることができて、自分自身、それをまとめることを課題にしていて、試合の中でうまく投げられたと思います」と振り返った。

高校日本代表の一次候補選出の話があったのは、報徳学園戦の敗退後。
「自分は投げないと調子が出ないタイプなので、それからはしっかりと投げて調整をしてきました」
この合宿でしっかりとアピールできた。

大阪桐蔭入学は全国制覇やプロ入りだけではなく、高校日本代表に選ばれることも目標だった。
「まず第一関門は突破出来たと思います。またレベルの高いメンバーと一緒にできて、さらにうまくなりたい思いが強くなってきました」

センバツでの課題については「ここ一番の試合で自分の弱さが出た大会でした。もっとレベルアップして、信頼される投手になりたい」と語った。

この冬はグラブをお腹のあたりに置いてから始動させる動きを取り入れて球速、制球力も向上。試行錯誤しながらレベルアップできる向上心の強さがある。今回の合宿でよりレベルアップするはずだ。

<関連記事>
【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】
【一覧】紅白戦 出場選手
【一覧】高校日本代表一次候補39人
高校日本代表候補合宿がスタート! 報徳学園・今朝丸、大阪桐蔭・平嶋など14投手の顔ぶれを徹底紹介!
髙尾響(広陵)が147キロ、2回パーフェクト!平嶋、吉岡らセンバツで活躍した右腕が快投!【高校日本代表紅白戦 午前の部】

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【島根】開星、立正大淞南、大社、飯南などが各地区で4強入り<各地区大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商