試合レポート

初回8得点、先発全員安打の猛攻に元プロ監督も上機嫌!京都先端科学大が連勝で勝ち点!【京滋大学野球】

2024.04.03


井上幹太(主将・京都先端科学大)

<京滋大学野球連盟春季リーグ戦:京都先端科学大10-4びわこ成蹊スポーツ大>◇2日◇第1節2回戦◇わかさスタジアム京都

初回に集中打を見せた京都先端科学大が連勝で勝ち点を獲得した。

びわこ成蹊スポーツ大先発の植松 德馬(4年=京都成章)は昨秋にも対戦している投手。「真っすぐが強いのはわかっていたので、『振り負けないように』ということを今日の朝のバッティングから意識していました」(井上 幹太主将/4年=玉野光南)と万全の対策で臨んでいた。

1回裏に一死満塁のチャンスを作ると、5番・土生 大成(4年=天理)の左前適時打で1点を先制。さらに続く6番・小林 誠也(4年=岡山東商)も左前適時打を放ち、植松をマウンドから引きずり下した。

打線はその後もつながり、この回は7安打で8得点。序盤で試合を決定づけた。

2回以降は追加点を奪えず、3回、4回に2点ずつ返される嫌な展開となったが、5回裏に2番・井上のスクイズと相手のバッテリーミスで2点を追加。守っては6人の継投でびわこ成蹊スポーツ大の反撃を振り切った。

先発全員安打となる13安打10得点で勝利した京都先端科学大。「これ以上ないスタートなので、選手を褒めてやりたい」とかつて日本ハムと近鉄で活躍した中島輝士監督は上機嫌だった。

一昨年秋にリーグ優勝したが、昨秋は4位と低迷。課題だった打線を強化して、今季での再浮上を狙っている。次節で対戦するのは優勝候補の一角である花園大。「大事な一節になるので、しっかり調整していきたい」と指揮官は勝ち点奪取に燃えていた。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.21

「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】

2024.06.22

【鹿児島】神村学園は鹿児島商と沖永良部の勝者と対戦、鹿児島実は大島と初戦で対戦<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【長野】22日に抽選会!上田西と東京都市大塩尻の「2強」に長野日大が続く、松商学園はノーシードからの「逆襲」へ<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【岐阜】22日に抽選会!今年の夏も「岐阜商対決」あるか、岐阜第一、関商工にもチャンスは十分<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.18

激戦区・兵庫の組み合わせ決定!センバツ準V報徳学園は舞子と明石北の勝者と、3連覇狙う社、プロ注目右腕・槙野遥斗擁する須磨翔風など注目校の初戦は!?【2024年夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】