試合レポート

【春季鹿児島大会】鹿児島が押し出しで川内に逆転サヨナラ勝ち

2024.03.30


【トーナメント表】春季鹿児島大会 結果一覧はこちら

<第154回九州高校野球大会鹿児島県予選:鹿児島3-2川内>◇29日◇2回戦◇鴨池市民

川内は2回、8番・猿樂 圭朔(3年)の中前適時打で先制した。

3回は2死から3番・是枝 春翔(2年)が中越え二塁打を放ち、5番・川畑 雄大(2年)の右前適時打で2点目を挙げた。

鹿児島は7回まで5回をのぞいて毎回走者を出して、再三得点機を作るもものにできず。

ただ4回以降は、先発のエース今村 大翔(2年)が立ち直って、川内に追加点を許さなかった。7回からリリーフした背番号11の右腕・東 耀博主将(3年)は9回まで無安打、3人ずつで抑えるパーフェクトリリーフで攻撃に望みをつなぐ。

守備のリズムがようやく攻撃につながったのが9回だった。

先頭の6番・山下 天汰(2年)、7番・東が連打。8番・児玉 璃玖(3年)の遊ゴロ悪送球で待望の1点を返す。

勢いづく鹿児島は、2番・平川 龍(2年)の右前適時打で同点に追いつき、最後は4番・中濵 海音(2年)が追い込まれながらファウルで粘って、四球を選び、押し出しで決勝点。劇的な逆転サヨナラ勝ちで2時間15分の熱戦を制した。

【トーナメント表】春季鹿児島大会 結果一覧はこちら

<関連記事はこちら>
【トーナメント表】センバツ大会 結果一覧
【センバツ準決勝第一試合見どころ】星稜-健大高崎は超高校級捕手対決に注目!
【センバツ準決勝第二試合見どころ】中央学院-報徳学園のカギは、中央学院投手陣! 報徳の好調”3人の左打者”をどう抑えるか
今年も逸材揃う!センバツ注目選手リスト
【センバツ4強投手ランキング】佐藤龍月(健大高崎)が「防御率・奪三振数・被打率」いずれもトップ!
【センバツ4強打撃ランキング】中央学院・青木勝吾が”三冠”!星稜の注目捕手が”盗塁王”

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

【秋田】秋田修英と秋田工が8強入り、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?