News

ついに本領発揮、健大高崎のスラッガー箱山の豪快なスイングに大器の匂い【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.29


箱山遥人(健大高崎)※写真は過去の取材より

<第96回選抜高校野球大会:健大高崎6-1山梨学院>◇28日◇準々決勝◇甲子園

個人的には今センバツで一番期待していた右打者が、ついに目覚めた。健大高崎(群馬)の4番・箱山 遥人捕手(3年)が、山梨学院(山梨)との準々決勝で、三塁打を含む3打数3安打3打点。長打力が自慢のスラッガーは2回戦まで7打数1安打だったが、3戦目で本領を発揮した。

第3打席だった。思い切り振り抜いた打球は左翼フェンス直撃の2点適時三塁打となった。インパクトに向けて上からコンパクトにたたくと、しっかり振り抜いて大きなフォロースルーを作った。踏み出した左足は膝が折れることなく、しっかり伸びきっていた。打球にしっかりと力を加えることができるフォロースルーは、スラッガーの証。プロが注目するドラフト候補生であることに納得した。

第4打席には、やや外角よりの変化球を強振。思い切りひっぱたくと、打球は強烈なライナーとなって三遊間を抜けていった。ここでもしっかりフォロースルーが取れていた。昨年秋の公式戦打率でも4割を超える結果を残しているが、球を強くたたくことができている証拠だろう。

「昨年秋は、山梨学院さんに負けていて、特別な思いで臨んだ。試合では、全員で無心で戦うことができて、ビッグイニングにつなげることができた」

新基準のバットだったがゆえに、本塁打にはならなかったかもしれないが、打撃技術の高さは十分に見せつけた。結果が出ていなかったプレッシャーから解放された主砲は、準決勝以降で待望の1発を披露してくれるに違いない。

<関連記事はこちら>
◆【トーナメント表】センバツ結果一覧
◆センバツに出場する23人の「高卒即プロ入り」が狙える逸材たち! 登場日、注目ポイントを徹底解説!
◆【センバツドラフト候補・注目野手編①】新基準バットも関係ない!ラマル、モイセエフなど大会を盛り上げる8人のスラッガーたち!
◆【センバツドラフト候補・注目野手編②】7人の逸材遊撃手を紹介! 中央学院の“今宮健太2世”の強肩、元ロッテ投手の父を持つ健大高崎大型遊撃手など
◆「打球が遅い!」センバツ出場選手たちが語る 飛ばない新基準バット“内野守備への影響”

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【兵庫】東洋大姫路、神戸国際大附がコールド発進<春季県大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>