News

常総学院・小林が5安打9K完封劇、1点に泣いた日本航空石川は全力プレーで勇気

2024.03.25


小林 芯汰(常総学院)※写真は過去の取材より

<第96回選抜高校野球大会:常総学院1-0日本航空石川>◇25日◇1回戦◇甲子園

常総学院(茨城)が、149キロ右腕・エース小林 芯汰投手(3年)の5安打完封の快投で、前回出場の21年以来、3年ぶりの春白星。雨天で2日順延となった1回戦最後のゲームで勝利を収めた。

小林はこの日、最速は140キロだったが、威力のある速球と切れのあるスライダーで9奪三振の快投でもあった。9回一打同点のピンチも併殺でしのいだことに、小林は「9回はとりあえず1個ずつ1個ずつ、アウトを取ることを意識して、しっかり自分のテンポで投げることを意識しました。ベンチからそういう指示もあり、落ち着いて投げることができました。アウトになってホッとしました」と胸をなでおろしていた。2回戦の相手は報徳学園(兵庫)。「真っ直ぐをしっかりと生かして投球をしたい」と気持ちを引き締め直していた。

0対0で迎えた6回に、4番・武田 勇哉内野手(3年)が右翼への犠飛を放って1点を先制。武田は「相手投手も良くて苦しんだが、大事な場面で犠牲フライが打ててよかった」とニッコリ。この1点を、小林を中心とした堅守で最後まで守りきった。

日本航空石川の先発・猶明 光絆投手(2年)は8回途中、4安打1失点の好投も報われず、6年ぶりのセンバツ勝利はならなかった。それでも9回は同点のチャンスをつかむなど、能登半島地震で被災しながらも、甲子園で攻守にわたり全力プレーを見せ、地元被災地に勇気を与えた。

<関連記事はこちら>
【トーナメント表】センバツ大会 大会5日目までの結果一覧
【一覧】大会5日目までの140キロ超え投手
【センバツドラフト候補・右投手編】大会を盛り上げる速球派右腕9人を紹介!
【センバツドラフト候補・左投手編】7人の好左腕をピックアップ!
【センバツ6日目の見どころ】日本航空石川が登場! 八戸学院光星vs.星稜は投手戦必至!
大阪桐蔭151キロ右腕に創志学園二枚看板の一角、高1時に145キロの怪腕……センバツ初戦未登板の逸材投手4人!

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?