News

大阪桐蔭・平嶋が今大会最速149キロ! 平均球速も超高校生級だ! 今朝丸(報徳学園)も148キロ【140キロ超え投手一覧】

2024.03.23


伊東 尚輝(愛工大名電)・平嶋 桂知(大阪桐蔭)

センバツの大会5日目は大阪桐蔭報徳学園など名門校が一斉に登場した日となった。ドラフト候補に挙がる投手たちが自慢の速球を投げ込んだ。

第1試合に登場した作新学院小川 哲平投手(3年)は最速145キロを計測。5回4失点と悔しい投球に終わった。小川も「腕が横振りになってコントロールできなかった」と悔やんだが、直球は威力があった。

第2試合に登場した大阪桐蔭平嶋 桂知投手(3年)は今大会最速となる149キロをマーク。平均球速143.71キロと、今大会、他のドラフト候補の平均球速が136キロ〜138キロぐらいなことを考えると、明らかに高校生のレベルを超えている。平嶋は「7、8割の力で投げることでボールが走るようになった」と手応えを感じていた。

第3試合では愛工大名電の先発・伊東 尚輝投手(3年)は最速144キロ。昨秋は不調に終わり、上から叩くフォームに意識を変えたことで、球質がレベルアップした。サヨナラ打を浴びたが、内容は良かった。報徳学園の先発・今朝丸 裕喜投手(3年)は最速148キロを計測。4回表に最速を叩き出し、今朝丸は「打者二巡目でしたので、ギアを入れました」と伸びのある直球で圧倒した。

大会6日目は1回戦最後の常総学院vs日本航空石川の一戦が行われる。ここまで140キロ超えは19人となっている。

大阪桐蔭平嶋 桂知投手(3年)
最速149キロ 平均球速143.71キロ
報徳学園今朝丸 裕喜投手(3年)
最速148キロ 平均球速138.6キロ
健大高崎石垣 元気投手(2年)
最速147キロ 平均球速141.26キロ
関東一坂井 遼投手(3年)
最速146キロ 平均球速140.13キロ
広陵髙尾 響投手(3年)
最速145キロ 平均球速139.01キロ
作新学院小川 哲平投手(3年)
最速145キロ 平均球速138.01キロ
愛工大名電伊東 尚輝投手(3年)
最速144キロ 平均球速135.82キロ
阿南光吉岡 暖投手(3年)
最速143キロ 平均球速135.21キロ
高知平 悠真投手(3年)
最速143キロ
青森山田関 浩一郎投手(3年)
最速143キロ
八戸学院光星洗平 比呂投手(3年)
最速142キロ 平均球速133.68キロ
星稜戸田 慶星投手(2年)
最速142キロ
明豊野田 皇志投手(3年)
最速142キロ
中央学院颯佐 心汰内野手(3年)
最速142キロ
中央学院臼井 夕馬投手(3年)
最速142キロ
高知辻井 翔大投手(3年)
最速141キロ
八戸学院光星岡本 琉奨投手(3年)
最速140キロ 平均球速137.66キロ
田辺寺西 邦右投手(3年)
最速140キロ
青森山田櫻田 朔投手(3年)
最速140キロ

<関連記事>
【トーナメント表】センバツ大会  結果一覧
【一覧】今年も逸材揃い!センバツ注目選手リスト
【センバツドラフト候補・右投手編】大会を盛り上げる速球派右腕9人を紹介!
【センバツドラフト候補・左投手編】7人の好左腕をピックアップ!
【センバツ6日目の見どころ】日本航空石川が登場! 八戸学院光星vs.星稜は投手戦必至!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>