Column

【準硬式関東大会注目選手一覧】日の丸を背負った野球エリートや甲子園球児、医学との文武両道選手など、多士済々!<田中裕毅の”準硬ドットコム”第10回>

2024.03.06


左から下平秀也、橋本剛石、功刀史也

準硬式のシーズン幕開けを告げる関東大会が3月11日に始まる。今回は関東地区大学準硬式野球連盟の協力のもと、注目選手たちを一挙に紹介したい。

<関東大会展望記事はこちらから>
準硬式の球春到来を告げる関東大会!連覇狙う帝京大、名門・中央大が軸 シード校に喰ってかかる4校も注目
【準硬式関東大会】慶應義塾大vs専修大の最注目カードは必見!大会の情勢占う創価大のブロックも強豪校が集結!

元U-15経験者、甲子園経験者、6年生などが登場!

トーナメント左上の組み合わせ

まずは左上から順にみていきたい。
シード校の立教大は現チームの副主将である陶山泰誠が攻守で牽引。春のベストナインを受賞したことのある実力者で、チームメイトはもちろん、学生委員をはじめとした関係者も注目する。

大会連覇を目指すシード校・帝京大は、秋のリーグベストナインだった坂本 拓海が注目。4番としてバットでチームに貢献できるかがポイントになってくる。

その他だと、甲子園大会を経験した国士舘大・下平秀也や東都1部昇格の立役者であり、秋は2部で投手三冠を獲得した柴崎創。さらに石橋時代に石田隼都(現巨人)から長打を放つなど、打撃センスが光った埼玉大・齋藤陽平といった選手たちも見逃せない。

トーナメント左下の組み合わせ

その下、中央大と早稲田大がシード校となっているブロック。中央大は元U-15経験者で、山梨学院を経て、現在は中央大の主将である功刀史也。早稲田大は秋のリーグベストナイン獲得の市川諒汰郎の活躍が期待される。

神奈川大学準硬式野球リーグを牽引し、中央大との対戦する可能性がある関東学院大は、印部颯汰が鍵を握る。キャプテンとして大黒柱を担い、チームにとって欠かせない存在。関東大会での活躍も期待される。
また静岡時代には主将として甲子園を経験。國學院大では副主将として、広角に打ち分ける打撃技術が光る金子裕人。そして筑波大医学群の駒修吾は、実習やテストなど勉学で忙しいなか、準硬式を継続してきた6年生。集大成となる関東大会で、チームを牽引する活躍が期待される。

下平秀也と功刀史也

固定ページ: 1 2 3

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】