News

徳島IS期待のルーキー・加藤響、頭部死球で途中交代も無事! 東海大相模時代から注目のスラッガーは「来週には復帰」!

2024.02.12


東海大相模時代の加藤響

四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの加藤 響内野手(東洋大学在学中)が2月10日のオープン戦で頭部死球を受け途中交代となった。

東海大相模時代には4番を任され、通算35発を放ったスラッガー。東洋大に進学してからも1年時からスタメン出場を果たした実力の持ち主だ。1月15日に徳島入りが発表されると、SNSでは「これは衝撃」といった驚きの声が多く寄せられていた。

期待のルーキーは1番遊撃手で先発出場し、迎えた初打席。2ストライクと追い込まれた中で投じられた4球目が頭部付近に当たり、その場に倒れ込んだ。トレーナーが駆けつけるも、自力で立ち上がることが出来ず、担架で運ばれ途中交代となった。

その後荒井健司・球団オーナー兼GMは加藤の容態について言及した。
「デッドボール時にかなり顔が腫れましたので心配しましたが打撲ですみました。来週には復帰できそうです」

2月17日には西武との交流戦も控えているチーム。幸いにも長期離脱にならず、早期復帰の可能性も示唆した。

<関連記事はこちら>
◆徳島ISが今年初戦を快勝発進!5年目・白川が圧巻の投球!注目新人・加藤響にアクシ デントも、新加入選手が好アピール!12年連続ドラフト指名へ視界良好!
◆2年で9人がドラフト指名 徳島IS・岡本哲司監督「驚異の育成術」を解き明かす! 「最強育成球団」の圧倒的な“選手に気づかせる”環境づくり
◆徳島インディゴソックスの新入団選手21人は超豪華! MLB注目の高校生、東洋大強打者、ドラフト指名漏れ大学投手、甲子園準優勝スラッガーら「独立リーグ史上初のドラ1誕生」の期待大!

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?