Interview

軽い、伸びる、そしてカッコいい 新作ユニフォームに称賛の声が止まない 「学生時代にあったら絶対に買います」

2024.01.27


強伸を引っ張る佐藤輝明

(この記事にはプロモーションを含みます。)
練習着、はたまた野球に限らず、ウエアを着る際に動きやすさを気にする人が多いのではないか。

私の場合、良くも悪くも足腰が太かったため、試着をした際は必ず屈伸をして着心地をチェックする。ウエストや丈の確認というよりも、どれだけストレッチが効いていて、しゃがみやすいか。動きやすさ重視で商品選びをしていた。

仮にサイズを間違えると非常に動きにくくて、着ることすら避けがちだった。それくらい購入前に確認しないと、正直不安だった。だから、「動きやすい」ストレッチ性は理想的なユニフォームだった。

学生時代に欲しかったと言わしめるユニフォーム

強伸

そんな理想に近いユニフォームが、今回ミズノからリニューアル発売される。その名も「「ミズノプロ 強伸 -KYOSHIN-」(2024年1月発売)である。
見た目は他のユニフォームと何も変わらないが、想像以上に素材が柔らかくて、軽い。そして「こんなに伸びるか」というストレッチ性。現役時代に欲しかった理想的なユニフォームだった。

この感想は、超一流のプロ選手たちも同意見だった。
「軽いですし、伸びるので、良いですね」(阪神・佐藤輝明内野手)
「ストレッチ性は大事なので、これなら足を上げても楽そうですね。学生時代にあったら、絶対に買っていますね」(ヤクルト・石山泰稚投手)
「肌触りがめちゃくちゃ良くて気持ちいいですね。柔らかいし、ストレッチ性もある。こんなユニフォームは高校時代なかったので、正直にプレーしやすそうです」(千葉ロッテ・藤岡裕大内野手)
「実は練習着の方が、トレーニングウエアと比較すると動きにくいこともあるんですけど、これは体にフィットして動きやすそうですね。凄いストレッチ性があるので、学生だったら絶対に買っていると思います」(ヤクルト・石川雅規投手)

着こなしもカッコよく!従来にはないストレッチ性

強伸を説明するミズノアパレル企画・開発の羽柴翔太氏

球界を代表する選手たちからも、称賛の声が止まらない強伸。「この商品の強みは、ストレッチ性です」と話すミズノアパレル企画・開発の羽柴翔太氏の自信に満ちた表情からも、強伸に対する手ごたえを感じているのが見てとれる。

ただストレッチ性だけに特化したユニフォームではない、と羽柴さんは話す。
「一番はストレッチ性です。選手たちからも、『プレーを妨げない』であったり、パフォーマンスアップの観点から『動きやすさ』を求める声は多いです。
ただユニフォームである以上、耐久性も大事です。なので、従来よりも目付、厚みを増すことができるような生地を採用しています」
※目付=生地の単位面積あたりの重さ。重ければ密度が濃く、軽ければ密度が粗い

耐久性というと、生地そのものが厚くてあまり伸びない。一昔前に使われていたユニフォームが連想されるが、そのイメージを覆すような素材を使ったユニフォームと言っていい。新たな生地は「風合いの柔らかさ、着心地の良さ」も特長だ。と同時に「ストレッチ性があり体にフィットするので着用時のシルエットも綺麗なんです」と着こなしの部分にもこだわりがある。

最後に、「学生時代にここまで伸びるユニフォームはないと思いますので、驚く人がいると思います」と話した羽柴氏。大げさに感じる人もいるかもしれないが、手に取れば納得すると確信している。それだけのストレッチ性が強伸にはある。
何枚あっても嬉しいユニフォームだが、そのなかでもちょっと特別なユニフォームとして、強伸を使ってもいいのではないだろうか。

商品の詳しい情報はこちらから
https://jpn.mizuno.com/baseball/products/kyoshin

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.30

【福岡】大牟田、九州国際大付、自由ケ丘、九産大九産が8強入り、31日は福岡大大濠-西日本短大附<春季大会の結果>

2024.03.30

【高知】明徳義塾が激戦を制して優勝<春季大会の結果>

2024.03.31

健大高崎・石垣元気が150キロ! 高校2年投手の150キロ超えは安樂以来、11年ぶり!【2024年センバツ 140キロ超え投手一覧】

2024.03.30

【センバツ4強戦力分析】昨夏の甲子園初戦敗退で「守備の星稜」へモデルチェンジ! 悲願の甲子園優勝へのカギは3,4番の復活!

2024.03.30

【熊本】開新が延長戦の末に熊本工に勝利し、ベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.25

阿南光の吉岡が14K無四球完封で初の8強入りに導く、熊本国府の反撃実らず

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】