News

2023年の野球界を盛り上げた侍ジャパン 高校、大学代表経験者は14人

2023.12.31


2023年の日本球界は、WBCの世界一奪還から始まった。大谷 翔平投手(花巻東出身)などメジャーリーガー組の参戦により、2月のキャンプから高い注目を集めた。

大会が始まっても試合に関係なく連日報道されると、アメリカとの決勝戦は平均視聴率42.4%、瞬間最高46%という注目ぶり。大会が終わっても特集が多く組まれ、日本を盛り上げた。

そんな侍ジャパンだが、改めてメンバー30名を振り返ると、およそ半数近いメンバーが高校ないし大学で日の丸を背負った経験があった。

高校から見ていくと大谷、ダルビッシュ有投手(東北高出身)といったメンバーはもちろん、佐々木 朗希投手(大船渡出身)も選出された実績を持つ。野手でも、近藤 健介外野手(横浜高出身)が日本代表のユニフォームに袖を通していた。

大学の方も見ていくと、大会ベストナインに選出された吉田 正尚外野手(敦賀気比出身)。さらに、決勝戦・アメリカ戦で先発した今永 昇太投手(北筑出身)などが選出された実績がある。

しかし裏を返せば、半数は高校や大学時代に日本代表とは縁がなかった選手も、トップチームに選ばれている。ドジャースへの移籍が決まった山本 由伸投手(都城高出身)。準決勝・メキシコ戦でサヨナラ打を放った村上 宗隆内野手(九州学院出身)など、球界を代表する選手たちでも、高校や大学から代表経験があったわけではない。

高校や大学に限らず、代表に選出されることは選手にとって名誉なことだ。しかし才能の開花はいつ来るかわからない。今この瞬間、明日、もっと先の選手もいるだろう。だからこそ代表経験の有無に関わらず、全員にトップチームで活躍するチャンスがある。

2024年はどんな選手が野球界のニュースターとして現れるか、楽しみにしたい。

<高校代表経験者>
ダルビッシュ 有投手
松井 裕樹投手
佐々木 朗希投手
大谷 翔平投手
宮城 大弥投手
山田 哲人内野手
岡本 和真内野手
近藤 健介外野手

<大学代表経験者>
伊藤 大海投手
今永 昇太投手
栗林 良吏投手
山川 穂高内野手
牧 秀悟内野手
吉田 正尚外野手

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.13

【東京】修徳が関東一に0封勝ち、創価はコールドで国士舘を破って8強入り<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?