News

巨人、野茂、ドジャーブルーに新たな彩りを加える大谷、山本

2023.12.24


大谷翔平・山本由伸・前田健太

日本球界と大リーグの名門ドジャースの関係は深い。

1995年、紆余曲折に末にメジャーリーグでのプレーを希望する野茂英雄(近鉄)を受け入れたのはドジャースだった。村上雅則(南海)以来32シーズンぶり2人目の日本人メジャーリーガーの誕生である。野茂はその年13勝をマークし新人王を獲得。ドジャースの判断が正しかったことを日米の野球界に示した。

その後も、ドジャースはメジャーリーグを目指す窓口的な存在となった。石井一久(ヤクルト)、黒田博樹(広島)、前田健太(広島)らの大リーグ生活のスタートをサポートする。そして今年、大谷 翔平が移籍し、山本 由伸(オリックス)もその後を追うように入団を決めた。

ドジャースと日本プロ野球界との関係は選手のやりとりだけではない。1965年からV9を成し遂げた巨人の川上哲治監督は、「ドジャースの戦法」をチーム強化に取り入れた。そのため、いち早く現地で「ドジャースの戦法」学んだ牧野茂を招聘し、選手としての実績がないにもかかわらず参謀に据えた。巨人が輸入したドジャースの野球は、勝つ野球の礎になった。

「ドジャースの戦法」は一死三塁でライナーが飛んだ時、三塁走者は打球が野手の抜けた後にスタートを切るべしと説く。三塁走者が打球ともに飛び出して併殺になるという愚行を戒めている。さらにバント処理など、今では当たり前のフォーメーションを説明している。

ドジャースは、スプリンングキャンプに選手を派遣した巨人だけでなく中日など他球団にも門戸を開いた。山本昌(中日)はキャンプに参加して200勝投手になるきっかけをつかんだという。

大谷と山本のドジャースでの活躍が、ドジャースと日本球界の関係をさらに深めていく。ドジャーブルーは新たな彩りを加えていくことになる。

文=合馬 龍一郎

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?