News

堀田賢慎(巨人)がいよいよ覚醒!? 台湾冬季リーグで防御率1.40の快投! 最速157キロもマーク!

2023.12.19


堀田賢慎

11月25日から12月17日にかけて行われたアジアウインターリーグ(台湾開催)。日本からNPB(日本野球機構)選抜2チーム、JABA(日本野球連盟)選抜の計3チームが参戦した。その中で活躍を見せた有望選手たちを紹介したい。今回は巨人の堀田 賢慎投手(青森山田)だ。

青森山田時代は最速151キロ右腕として注目され、2019年のドラフトで1位指名。しかし入団直後に右肘手術もあり、育成降格。支配下登録になったのは入団3年目の2022年だった。3年目は8試合に登板し、2勝3敗、防御率6.29、4年目の今年は3試合、防御率8.10に終わっていた。今年のドラフトでは同い年の1位の西舘 勇陽投手(花巻東-中央大)も入り、結果を残さなければならない立場になった。

その危機感は台湾での投球からも感じられた。登板4試合中、3試合に登板し、19.1回を投げ、自責点3、防御率1.40と好成績。自慢の速球もこのウインターリーグで最速157キロをマーク。キャッチャーミットを突き刺すような素晴らしい直球だった。

順調に力を発揮すれば、巨人でも屈指の速球投手。来春のキャンプからアピールに成功し、開幕一軍を勝ち取ることができるか注目だ。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.08

【春季東京都大会】佼成学園が日大三から悲願の勝利!狩塚の決勝三塁打、左腕・熊谷が力投

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?