News

山本由伸、松井裕樹不在で…パ・リーグ投手部門タイトル争いはどうなる!?

2023.12.28


西武・髙橋光成投手(前橋育英出身)

このオフにMLB移籍を目指していた日本人選手のうち、山本 由伸投手(都城高出身)はドジャース、松井 裕樹投手(桐光学園出身)はパドレスへの移籍が決まった。

今シーズンは山本が最多勝、最多奪三振、最優秀防御率、最高勝率の4タイトルを、同地区のパドレスに入団する松井は、最多セーブのタイトルを獲得している。山本は3年連続で4冠、松井も2年連続でのタイトル獲得だった。

タイトル争いの常連である2人がMLBへと移籍するとなれば、タイトル争いの構図も大きく変わってきそうだ。さらに最優秀中継ぎのタイトルを獲得したペルドモ投手も、ロッテを自由契約となり退団が濃厚となっている。このまま他のNPB球団と契約を交わすことができなければ、今シーズンのパ・リーグの投手タイトルを獲得した選手が来季不在となってしまう。

来シーズンのタイトル候補となる、今シーズンの各部門の2位は誰だったのか。

防御率部門は、来オフ以降のMLB移籍を目指している西武・髙橋 光成投手(前橋育英出身)。勝ち星は、同じく将来的にMLB移籍を目指している西武・平良 海馬投手(八重山商工出身)と、日本ハムに移籍した山﨑 福也投手(日大三出身)が2位で並んだ。

奪三振はロッテ・種市 篤暉投手(八戸工大一出身)、勝率はオリックス・宮城 大弥投手(興南出身)が、それぞれ2位だった。セーブは、250セーブまであと32セーブに迫っているロッテ・益田 直也投手(市立和歌山商出身)、最優秀中継ぎ(HP)は楽天のルーキー・渡辺 翔太投手(北九州高出身)が2位に入った。

先発投手のタイトルを3年連続で総なめにし、さらには沢村賞とMVPも受賞してきた山本と、2年連続で最多セーブを獲得した松井が、ともに海を渡ることは、パ・リーグでプレーするその他の投手たちにとっては大きなチャンスとなる。

特にMLB移籍を目指す髙橋や平良は、球団にポスティングを認めてもらうためにも、タイトルを獲得した上で、チームを優勝に導きたいところだろう。

来シーズンは1年前の投手のタイトルホルダーが不在となることで、タイトル争いがより一層面白くなりそうだ。

<2023年パ・リーグの投手タイトル上位3人>

・最多勝
16勝:山本 由伸(オリックス)
11勝:平良 海馬(西武)
11勝:山崎 福也(オリックス)

・最優秀防御率
1.21:山本 由伸(オリックス)
2.21:髙橋 光成(西武)
2.27:宮城 大弥(オリックス)

・最多奪三振
169:山本 由伸(オリックス)
157:種市 篤暉(ロッテ)
153:平良 海馬(西武)

・最高勝率
.727:山本 由伸(オリックス)
※13勝以上の投手が1人のみ

・最多セーブ
39S:松井 裕樹(楽天)
36S:益田 直也(ロッテ)
29S:平野 佳寿(オリックス)

・最優秀中継ぎ
42HP:ペルドモ(ロッテ)
33HP:渡辺 翔太(楽天)
32HP:平井 克典(西武)

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード