試合レポート

常廣(広島1位)、下村(阪神1位)、廣瀬(ソフトバンク3位)を抑えてヒーローになったのは、慶應大2年生技巧派右腕・外丸! 青山学院大を完封し、4年ぶりの頂点へ導く<明治神宮大会・大学の部決勝>

2023.11.21


青山学院大(東都)と慶應大(東京六大学)の対戦となった決勝。ヒーローとなったのは、ドラフト指名を受けた、慶應大のスラッガー・廣瀬 隆太内野手(4年=慶應義塾高)、青山学院大の強力2枚看板の下村 海翔投手(4年=九州国際大付)、常廣 羽也斗投手(4年=大分舞鶴)の3人ではなかった。2年生ながら慶應大のエースである外丸 東眞投手(2年=前橋育英)だ。

外丸は140キロ前後の速球、スライダー、カーブ、シュートなど多彩な変化球を投げ分ける技巧派右腕。初戦の環太平洋大戦のよりも調子は良く、140キロ超えの速球が多く見られた。このベース上でしっかりと伸びるストレートは、強打の青山学院大打線を翻弄した。外丸も「今日はストレートが走っていてうまく攻めることができました」と手応えを感じる内容だった。

バックの守備も非常に堅かった。右中間へ抜けそうな打球を佐藤 駿外野手(3年=慶應義塾高)がダイビングキャッチで防ぎ、三遊間の深い打球をショートの水鳥 遥貴内野手(3年=慶應義塾高)が逆シングルから捕球して、そのままジャピングスローでアウトにするなど、ファインプレーを連発。外丸は「本当に勇気づけられましたし、しっかりと守ってくれたのが大きかったです」とバックの守備に感謝をしていた。

0対0で迎えた8回表、慶應大は一死満塁から押し出し四球で1点を先制。さらに3番廣瀬の犠飛で2対0とした。外丸は青山学院大打線を5安打に抑え、完封勝利。慶應大の4年ぶりの日本一に貢献した。
今年の慶應大は廣瀬のようなスラッガーを除くとプロ注目の逸材はいない。今や強豪大学でも140キロ後半の速球投手を複数擁するチームは珍しくなくなったが、今年の慶應大投手陣は速球投手が少ない。勝つためにはどんな野球をすればいいか、非常に手堅いチームだった。
取材・文=河嶋宗一

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.11

名門・東海大相模の進路紹介!プロ注目打者は東洋大、エースは中央大で早くもリーグ戦に出場!

2024.05.11

【2024年最新版 スーパー中学生リスト】 関東地区の強豪校注目の遊撃手、高校スカウト殺到の大型左腕、中村剛也の長男など38人をピックアップ

2024.05.11

【新潟】プロ注目右腕の帝京長岡・茨木が完封、日本文理とともに決勝進出<春季県大会>

2024.05.11

シニア日本代表が発表!選抜大会準優勝の主力打者、ベスト4の主将、優秀選手などが選出!

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.06

センバツV・健大高崎は夏も強い! Wエース抜きで県大会優勝、投打に新戦力が台頭中!

2024.05.06

【関東】山梨学院と常総学院がそれぞれ優勝、出場校の対戦が確定<春季大会>

2024.05.06

【春季埼玉県大会】花咲徳栄4回に一挙10得点!20得点を奪った花咲徳栄が昌平を破り優勝!

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.21

【兵庫】須磨翔風がコールドで8強入り<春季県大会>