Interview

徳山一翔(環太平洋大)、ドラ1候補に急浮上した左の剛腕インタビュー

2023.12.17


環太平洋大・徳山 一翔

明治神宮大会での課題を糧に、「侍ジャパン大学代表」のその先へ

侍ジャパン大学代表候補強化合宿が12月1日から3日間開かれた。明治大・宗山 塁内野手(3年=広陵)など、大学球界のトップスターたちが集う中、注目の左腕・徳山 一翔投手(3年=鳴門渦潮)に話を聞いた。
並々ならぬ決意をもって臨んだ明治神宮大会では、自己最速の153キロをマークし、NPBスカウトからも「来季ドラフト1位もある」と、評価を得るようになった。何を描いて、2年連続の侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿に参加し、どんな2024年につなげようとしているのか。

ーー2年連続の侍ジャパン大学代表候補強化合宿はどうだったか?

徳山 大学を代表する選手たちばかりで、自分は全然目立っていなかったですが、その中でも自分の持ち味を出して、アピールしようと思っていました。実際にアピールできたかは分かりませんが、持ち味は出せたと思います。

ーーキャッチボールでは徳山投手と同じく2年連続で合宿に参加し、ドラフト候補左腕として注目される関西大・金丸 夢斗投手(3年=神港橘)とペアを組んでいました。いろいろなことを吸収しようとする意識が見て取れたました

徳山 そうですね。左投手も、いい投手が多かったので、いろいろなことを質問して勉強になりました。

ーー金丸投手とは、どんな会話をしたのでしょうか?

徳山 身体の使い方について一番話をしました。

ーー紅白戦は先発2回を投げて2安打1奪三振、無四球1失点。最速149キロで明治神宮大会より力感なく、ベース上で球が伸びていた印象です

徳山 対戦相手が素晴らしい打者しかいないので、コーナーに投げることをまず意識しました。そして、コーナーに投げる時のストレートには自信があるので、そこのキレで勝負しました。変化球もキャッチャー(國学院大・神里 陸捕手=3年/東海大相模)がいいリードをしてくれたので、投げやすかったです。
ーー準々決勝で慶應義塾大に敗れた明治神宮大会も含め、秋の収穫と課題をどのように生かしていきたいと考えていますか?

徳山 明治神宮大会で多くの課題が出たので、そこをチームとして冬に克服していくのと、個人としても課題を修正していきたいです。個人の課題としては制球力と下半身の弱さがあるので、そこを鍛えたいです。

ーー2024年は様々な部分で勝負の1年になります。最後に意気込みを聞かせてください

徳山 明治神宮大会のパフォーマンスで、今回の侍ジャパン大学代表候補選手合宿に呼んで頂いたと思うので、春は全日本大学野球選手権に出て、大学日本一を目指して大学ジャパンに選ばれるように頑張っていきたいです。

「高校野球部引退後に、(徳島インディゴソックスの)インディゴコンディショニングハウスで殖栗 正登さんの指導を受けなかったら、今の僕はなかった」という鳴門渦潮3年時の冬から3年が経った。まずは昨年叶わなかった侍ジャパン大学代表の座を射止める。そして、2017年・楽天1位指名の近藤 弘樹投手(現・ヤクルト=安佐北出身)以来となる、中国地区大学リーグからの「ドラ1」も目指して、徳山 一翔が、さらなる飛躍を期す。
(聞き手・寺下友徳)

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【岡山】センバツ出場の創志学園は2回戦から登場! 2回戦で昨年夏の決勝戦と同じカードが実現の可能性も!<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード