News

【高校野球ベストシーン’23・大阪編】両左腕の意地がぶつかりあった大阪夏の決勝、中日4位・福田がソフトバンク1位・前田に投げ勝った

2023.12.13


福田 幸之介(履正社)

2023年もあとわずか。ことしも高校球界ではさまざまな印象的な出来事があった。各都道府県ごとにベストシーンを思い出してみよう。

【選手権大阪大会決勝・履正社vs.大阪桐蔭】
今年の夏の大阪頂上決戦は、「両横綱」が、がっぷり四つに組んで激突。結果は、3対0で履正社大阪桐蔭に勝利した。過去、両者の決勝での対決は5度あったが、すべて大阪桐蔭が勝利。履正社は初めて大阪桐蔭に決勝で勝利し、優勝した19年夏以来の甲子園切符を手にした。

その立役者は福田 幸之介投手(3年)だった。強力打線を相手に、わずか3安打の完封劇。5回までは1安打に抑える安定感で、3点の援護で十分だった。2年に夏選手権デビュー。秋は満足のいく成績を収めることができなかったが、3年春のセンバツの高知(高知)戦で先発7.1回を3失点。7回までは無安打に抑える好投を見せ、大きな自信をつけていた。3年となってから大きく成長を遂げ、夏に大仕事をやってのけた。

大阪桐蔭の先発・前田 悠伍投手(3年)は、福田とは正反対に1年秋から頭角を現し、世代No.1左腕として君臨していた。1年秋から明治神宮大会連覇、2年春のセンバツでチームを優勝に導くなど、早くから注目されていた。その後、不調の時期もあったが、3年夏に復活。決勝の舞台に上っていたが、4回までに3点を失って最後の夏は甲子園に届かなかった。

福田と前田。歩んできた道がまったく違う2人の左腕は、最後の最後で福田が「逆転」した形となった。

前田はその後、その悔しさを晴らすようにU-18W杯で日本の初世界一に貢献。ソフトバンクに1位指名でプロ入りを果たした。福田も甲子園での活躍が評価され、中日4位指名を勝ち取った。

大阪の舞台で切磋琢磨した2人の左腕は、プロの世界でも激突する時が訪れるだろう。2人の対決の物語には、まだ続きがある。

<全国高校野球選手権大阪大会:履正社3-0大阪桐蔭>◇2023年7月30日◇決勝◇大阪シティ信用金庫スタジアム

履正社スタメン
(中)西 稜太(3年)※東海大進学予定
(遊)森澤 拓海(3年)
(右)近澤 賢虎(2年)
(三)森田 大翔(3年)※帝京大進学予定
(左)西田 大志(3年)
(一)小川 輝(3年)
(投)福田 幸之介(3年)※中日4位指名
(二)只石 琉人(3年)
(捕)野上 隼人(3年)

大阪桐蔭スタメン
(一)笹井 知哉(3年)※日本体育大進学予定
(左)山田 太成(3年)
(右)徳丸 快晴(2年)
(三)ラマル・ギービン・ラタナヤケ(2年)
(捕)南川 幸輝(3年)
(二)村本 勇海(3年)
(遊)小川 大地(3年)※法政大進学予定
(中)吉田 翔輝(2年)
(投)前田 悠伍(3年)※ソフトバンク1位指名

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>