News

【本日開催】プロも注目した147キロ右腕などが活躍 大学準硬式初の甲子園へ調子は順調!

2023.11.14


11月14日、大学準硬式にとって特別な一戦、全日本大学準硬式野球東西対抗日本一決定戦甲子園大会が甲子園で開催される。
大会に先立って12日よりメンバーは大阪に集結。13日はプレ試合とインテグリティー研修などが行われた。

大会前、最初で最後となるプレ試合を大阪シティ信用金庫で実施。雨によって予定より遅れての開始となった。試合は1対0で西日本選抜が勝利したものの、両チームともに甲子園大会に向けて、期待が膨らむ内容だった。

投手陣は両チームそれぞれ6人が登板。東日本選抜は藤中壮太投手(法政大=3年)、西日本選抜は寺下佳孝投手(金沢大=3年)が先発。それぞれ2回を投げて、藤中は西日本選抜7番・大薗元輝外野手(近畿大=2年)に適時打を許して1失点。対する寺下は無失点で降板し、明日に向けて好調ぶりをアピールした。
その後、登板した投手陣はそれぞれ無失点で登板を終えた。特に東日本選抜は、5番手で登板した147キロ右腕・道崎亮太投手(中京大=4年)はインパクトを残した。加速していると錯覚させるストレート、さらに鋭く落ちるスプリットを投げて打者を圧倒。プロからも注目された逸材は伊達ではなかった。
西日本選抜は、2番手の右サイド・中村友郁投手(近畿大=4年)が活躍。緩急自在の投球で打者を惑わせて、アウトの山を築いた。

適時打を放った西日本選抜・大薗元輝

一方、野手陣は、東日本選抜は2安打、西日本選抜は5安打と、明日に向けて課題を残したものの、期待できる打者は多い。
東日本選抜は2番に入った東海新捕手(東海大=4年)や6番に入った櫻井頌大内野手(青森大=2年)は、鋭いスイングを見せた。西日本選抜も適時打を放った大薗はもちろん、2番・辰野孝汰内野手(近畿大=4年)、4番・森田勇太内野手(甲南大=4年)が快音を響かせ、調子の良さを見せた。

勝利した西日本選抜・中野弘之監督は、「雰囲気が思った以上に良かったですね」とチームが結束していることに一安心の模様。対する東日本選抜・米崎寛監督は「普段、接点の少ない選手の状態を見られたのは良かった」と、選抜チームならではの不安を解消できたようだ。

西日本選抜が勝利したものの、あくまでプレマッチ。選手の状態を確認したうえで、起用方法が変わるだろう。また登板していない投手もいるため、両チームともにまだフルメンバーではない。本番の甲子園大会ではどのような選手起用が行われるのか、大いに期待したい。

試合後、選手たちは宿舎でインテグリティー研修を約2時間実施。目的意識を持つ重要性やスポーツマンシップについて。さらには近年増えているSNSのトラブルについて指導を受けた。
受講した東日本選抜のスタッフ・徳留大咲さん(早稲田大=2年)は「今まではやりたいことを優先していましたが、やるべきことを考えれば同じやりたいことでも、内容が変わる」ことを学んだという。

最後に交流夕食会で、企業の方との交流をした選手たち。14日はいよいよ最終日。甲子園での大会が予定されている。歴史的瞬間はまもなくだ。
東日本選抜のメンバー紹介:「大学準硬式の甲子園」開催! ドラフト指名漏れの逸材を筆頭に剛腕集結! 140キロ超の4年生カルテットに注目<大会出場選手紹介・東日本選抜編>を読む
西日本選抜のメンバー紹介:「大学準硬式の甲子園」開催! 147キロの剛腕などが選出 高校時代に名門校で聖地を経験した選手も<大会出場選手紹介・西日本選抜編>を読む

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【交流試合】打線絶好調の川口市立が飛ばないバットを感じさせず、千葉英和を強打で圧倒

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?