News

四国アイランドリーグplus・高知に「準硬式出身の剛腕」池端航洋が入団! 「準硬式の発展に貢献できるような選手に」

2023.12.04


12月4日、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスは特別合格者を発表。関西学院大・池端 航洋投手(土佐出身)が新たに入団することとなった。

池端は最速147キロを計測する速球派投手。1年生の秋には、リーグ戦初登板ながら完全試合を達成する快挙を成し遂げている。しかし、この池端の偉業を知る人は少ないだろう。それは彼が所属していたのが準硬式野球だからだ。

硬式野球に比べて、まだ認知度が低い準硬式。硬式球に比べると軽く、肩・肘への負担が少ない。一方で球速が出にくいとされているのがボールの特徴である。池端はそんな球で147キロを投げられる力があるのだ。

実際、11月に甲子園で開催された『全日本大学準硬式野球東西対抗日本一決定戦甲子園大会』では130キロ中盤を計測。その後、倉敷で開催された『第41回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会』では140キロを超えていた。硬式球にアジャストしたときに、どれだけの速球を投げ込めるか。期待で胸が膨らむ。

その池端だが、甲子園大会終了時点では「メンタルも球速も、ピッチャーとしての能力がまだまだ足りてない」と反省。満足いく投球ができないことを悔やんでいたが、そこには準硬式の看板を背負う強い覚悟はあったからだ。

「今回の甲子園大会3日間を通じて、自分がもっと準硬式の発展であるとか、野球界の発展に貢献できると思いました。だからそれを絶対に達成しないといけない、という風に決意に変わりました。これから自分は野球を続けるので、もっともっと活躍して準硬式の発展に貢献できるような選手に、プレースタイルも含めて目指してやっていこうと思っています 」

準硬式から硬式へ。高校野球3年間を過ごした思い出の地・高知に戻り、今度は独立の舞台で球界を驚かせるような活躍を見せて欲しい。
文・田中裕毅(大学準硬式評論家)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?