News

センバツ登場予定も多数! 2024年ドラフト戦線を引っ張る「高校生投手9人」!

2023.10.27


出力の高さが一目瞭然の生光学園・川勝 空人(2年主将)のリリース

少し気の早い、2024年のドラフト候補を探る本企画。本稿では高校生の速球派投手や好左腕を取り上げていこう。
〈前編:『山下舜平大クラス! 期待の185センチ超大型投手たち』を読む

話題の速球投手たち
まずは作新学院小川 哲平投手をあげたい。先日の関東大会準々決勝で好投を魅せ、チームをベスト4へ導いた。落合中時代から140キロ後半の速球を投げてきた逸材で、多くの野球関係者から注目されてきた。怪我もあり思うように投げられない時期もあったが、順調に成長を見せている。作新学院は来年のセンバツ出場が有力。全国の舞台でも活躍できるか。
川勝 空人投手(生光学園)は最速153キロをマークする速球派右腕だ。力強い腕の振りから繰り出す常時140キロ後半の速球を放つ。能力的には世代NO.1といっても差し支えないだろう。同校を初の甲子園へ導くことができるか。
昆野 太晴投手(白鴎大足利)は秋季栃木県大会で最速148キロを計測。夏までは最速142キロだったが、夏休みの期間中に、スクワット、ウエイトなどを徹底的に行い、短期間で6キロもスピードアップした。しかし秋季関東大会では不調。ストレートは常時130キロ後半にとどまり、巧打者がそろう中央学院打線に7失点を喫した。今年の関東で140キロ後半の速球を投げられる投手はそれほどいないだけに、今後公式戦でどれだけのパフォーマンスを発揮できるか注目だ。
伊東 尚輝投手(愛工大名電)は最速149キロを誇る本格派右腕で、倉野監督からもその能力の高さを高く評価されてきた。東海大会準決勝まで勝ち進んでおり、勝利すれば、センバツは有力。この1年で評価を大きく高められる立場にいる。
さらに中学時代から注目されてきた神戸国際大付の津嘉山 憲志郎投手も148キロを誇り、切れのある変化球を丁寧に投げ分ける。この秋は県大会準々決勝で敗れてしまったが、長い冬の期間でしっかりとレベルアップし、高卒ドラフトを狙えるレベルまでに成長できるか注目だ。
最速147キロ右腕の小林 芯汰投手(常総学院)もチームを秋関東大会ベスト4に導いた。どの試合でもストレートは145キロ以上の速球を計測している。生命線は130キロ前半のカットボール。エースとしての自覚が感じられる投球を、元プロの島田直也監督も評価をしている。

期待の好左腕3人
左腕では、大泉 塁翔投手(愛工大名電)が頭一つ抜けているか。140キロ前半の速球、切れのあるスライダーで勝負する。その投球は今季最多勝を挙げた高校の先輩・東 克樹投手(DeNA)の高校時代を上回るといってもいいだろう。さらなるパワーアップを期待したい。
中崎 琉生投手(京都国際)も130キロ後半の速球を投げ込む左腕で、今回の近畿大会でも初戦突破に導いた。昨日のドラフトで、京都国際は5年連続ドラフト指名を実現。小牧監督は「すぐにプロといえる選手はいない」と語るが、はたして中崎は、冬を越えてプロを狙えるパフォーマンスを身につけることができるか。
冨士 大和投手(大宮東)は、155キロ右腕・冨士 隼斗投手(平成国際大)の弟で、速球投手の兄とは違い、しなやかな投球フォームで、130キロ後半の速球で次々と三振を奪う。この秋は聖望学園戦で敗れたものの、19奪三振を記録した。
例年、冬を越えて一気に成長する投手がでてくる。2024年ドラフト候補リスト、次回は一層充実したものになることだろう。

【2024年注目高校生投手一覧】
小川 哲平投手(作新学院
冨士 大和投手(大宮東
昆野 太晴投手(白鴎大足利
中崎 琉生投手(京都国際
大泉 塁翔投手(愛工大名電
津嘉山 憲志郎投手(神戸国際大付)
昆野 太晴投手(白鴎大足利
小林 芯汰投手(常総学院
川勝 空人投手(生光学園

文/河嶋宗一(編集部主筆)

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.03.31

新作バッグパックはこれまでになくカジュアルでスタイリッシュ! トレンドにマッチしたバッグにNPB選手たちも納得!

2024.03.31

【春季沖縄大会】与勝がベスト16へ、打撃好調の1番・仲新門 大惺が4打点をマーク

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.16

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?