News

佐倉侠史朗、甲子園では不発も「世代BIG3スラッガー」の可能性は∞【ドラフト注目選手名鑑】

2023.10.13


26日のプロ野球ドラフト会議まで、あと2週間を切った。プロ志望届提出も締め切られ、提出している高校生は、その日を心待ちにしていることだろう。

ちょうど2年前。21年の秋季大会で「スーパー1年生」と騒がれた逸材たちがいた。九州国際大付(福岡)の佐倉 俠史朗内野手(3年)も、そのなかの1人だった。

184センチ、110キロ。ずば抜けた体格に加え、バットを高く持ち上げるように左打席で構える姿は大きく印象に残った。もちろん、構えだけではない。鋭いスイングから多くの長打を放った。福岡大会、九州大会、明治神宮大会と1年生ながら4番に座り、活躍を見せた。高校通算31本塁打で、公式戦は10本。そのうち半分の5本はこの1年生秋でマークしたものだった。

場外弾あり、満塁弾あり、さらに大阪桐蔭(大阪)・前田 悠伍投手(3年)から神宮で1発を放つなど、長打力とスター性を兼ね備えたスラッガーとして君臨。どこまで伸びていくのかと期待を膨らませた。

その後は目立った活躍はできなかった。甲子園には出場するも1発を放つことはなかった。しかし、自らの打撃面では「進化」は見せていた。チャンスで1本を放つ勝負強さは磨きがかかり、さらに逆方向への打撃も確立を上げた。1年生から佐倉を見ていたスカウトからも「長打力」「体格のすごさ」に加えて「対応力がある」「柔らかい打撃ができる」など、見た目の体格からはあまり想像できない技術力も評価されてきた。

2年秋からは主将にもなり、周囲への気配りなど、プレー以外の成長もスカウトから聞かれるようになった。派手な活躍は確かに減ったが、確実に前に進んでいた。

周囲と相談した結果、プロ志望届を提出する決断を下した。大阪桐蔭の前田をはじめ、米国留学の道を選択した花巻東(岩手)の佐々木 麟太郎内野手(3年)、広陵(広島)・真鍋 慧内野手(3年)とともに「スーパー1年生」と呼ばれた佐倉。来年は「スーパールーキー」と呼ばれ、NPBで活躍する日を願う。

【佐倉内野手の詳細データはこちら】

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【岡山】センバツ出場の創志学園は2回戦から登場! 2回戦で昨年夏の決勝戦と同じカードが実現の可能性も!<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード