News

花咲徳栄、記録更新の9年連続ドラフト指名選手の輩出なるか

2023.10.05


小野勝利選手(花咲徳栄)

9月25日、ソフトバンクの高卒3年目・井上 朋也内野手(花咲徳栄出身)がプロ初ホームランを放った。花咲徳栄(埼玉)史上初のドラフト1位指名でもあった井上は、期待されながらも2年目まで1軍出場がなかった。

そして迎えた3年目の今年9月6日に1軍昇格を果たすと、「8番・一塁」でスタメン出場。いきなり2本のヒットを放つ上々のデビューを飾った。以降もスタメンでの出場が続き11試合、31打席目で待望の初アーチを記録した。チームにとって待望でもあった右の長距離砲候補が、3年目の終盤にして花開きつつある。来シーズンは開幕スタメンを目指すことになりそうだ。

井上の母校である花咲徳栄からは、2015年の大瀧 愛斗外野手(西武4位/現愛斗)から2022年の藤田 大清外野手(日本ハム育成1位)まで8年連続でドラフト指名選手(育成ドラフト含む)が誕生している。

同一高校から8年連続でドラフト指名されているのは史上最長だ。そのなかから清水 達也投手(2017年中日4位)や野村 佑希内野手(2018年日本ハム2位)といった現在のチームの主力選手も誕生しているのも心強い。

ちなみに花咲徳栄に次ぐ、7年連続でドラフト指名選手を輩出しているのは、中京大中京(愛知)、愛工大名電(愛知)、大阪桐蔭(大阪)と3校ある。大学での最長は明治大の13年(継続中)、社会人野球ではJR東日本が11年となっている。

今年の花咲徳栄は高橋 一英投手(3年)と小野 勝利内野手(3年)が9月24日にプロ志望届を提出した。とくに小野は父が元巨人の小野剛氏ということもあり注目を浴びている。

果たして2人は今年のドラフト会議で指名を受け、高校の連続指名記録を更新するだろうか。運命の1日を待ちたい。

<花咲徳栄高ドラフト指名選手一覧>

※2015年〜2022年

2015年:大瀧 愛斗(現愛斗/西武4位)
2016年:高橋 昂也(広島2位)、岡崎 大輔(オリックス3位)
2017年:西川 愛也(西武2位)、清水 達也(中日4位)
2018年:野村 佑希(日本ハム2位)
2019年:韮澤 雄也(広島4位)
2020年:井上 朋也(ソフトバンク1位)
2021年:味谷 大誠(中日4位)
2022年:藤田 大清(日本ハム育成1位)

※2022年ドラフト終了時点

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.04

【愛知】豊橋中央が優勝、国府と豊川工が県大会切符<春季東三河地区2次トーナメント>

2024.04.04

【熊本】文徳と専大熊本玉名がともに逆転勝ちで決勝へ<春季大会の結果>

2024.04.04

【埼玉】春日部共栄は越谷東と開智未来の勝者と対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.04

【徳島】徳島商が池田を振り切って優勝<春季大会の結果>

2024.04.04

【三重】久居が優勝、3位は神村学園伊賀<春季大会地区予選の結果>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード