News

オリックスの18年ドラフト入団では、頓宮が今季大ブレーク

2023.09.28


9月1日に高校生及び大学生のプロ志望届の公示が始まった。ドラフト会議へ向けてこれから報道が加熱していくことだろう。

野球界では、「ドラフトの成否は5年、10年経たないと分からない」とよく言われる。今シーズンが5年目のシーズンとなる2018年ドラフト指名選手たちは、どのような状況なのだろうか。球団別で振り返ってみたい。

パ・リーグ3連覇を達成したオリックスは、2018年のドラフト会議において小園 海斗内野手(報徳学園出身=現・広島)に入札した。しかし抽選で外れたため、2度目の入札で太田 椋内野手(天理出身)を単独指名し交渉権を獲得した。

太田は度重なる故障もあり1軍に定着することはできていない。ここまでの最多出場も3年目の53試合と出場機会も多くない。それでも昨年の日本シリーズ第7戦では「初回先頭打者初球ホームラン」を放つ活躍。日本一にも貢献している。今年9月に左手首の手術を受けており、現在はリハビリ中。レギュラー挑戦は来シーズンへ持ち越しとなりそうだ。

ドラフト2位の頓宮 裕真捕手(岡山理大附出身)は今シーズン大ブレークを果たしている。昨シーズンまでは目立った活躍がなかったものの、今シーズンは113試合の出場で打率.307(401打数123安打)、16本塁打と主軸となった。自身初のタイトルとなる首位打者を狙える位置につけている。

ドラフト5位の宜保 翔内野手(未来沖縄出身)、同7位の中川 圭太内野手(PL学園出身)と下位指名からも1軍の戦力は誕生している。とくに中川はルーキーイヤーにセ・パ交流戦の首位打者を獲得。その後、やや伸び悩んだものの昨シーズンは110試合に出場。今シーズンも126試合に出場し打率.269(484打数130安打)に自身初の2ケタ本塁打となる12本塁打とチームを牽引している。

一方で投手陣は苦戦中だ。ドラフト3位の荒西 祐大投手(専大玉名出身)と同6位の左沢 優投手(横浜隼人出身=現・チームスタッフ)はチームを去った。同4位の富山 凌雅投手(九州国際大付出身)も2021年に51試合の登板を果たしたものの、昨シーズンは8試合の登板にとどまった。その後、トミー・ジョン手術を受けたことで現在は育成契約選手としてリハビリを行っている。

唯一、今シーズンも1軍で登板しているのが育成1位の漆原 大晟投手(新潟明訓出身)だ。20年開幕前に支配下登録を勝ち取り、2年間で56試合に登板。今シーズンもここまで13試合に登板している。

<2018年ドラフト>

1位:太田 椋天理
2位:頓宮 裕真岡山理大附ー亜細亜大)
3位:荒西 祐大専大玉名ーホンダ熊本)※現在は信濃グランセローズ(独立リーグ)
4位:富山 凌雅九州国際大付ートヨタ自動車)※現在は育成契約
5位:宜保 翔未来沖縄
6位:左沢 優(横浜隼人ー横浜商科大ーJX-ENEOS)※すでに現役を引退
7位:中川 圭太(PL学園ー東洋大)
育1位:漆原 大晟新潟明訓ー新潟医療福祉大)

※数字は2023年9月26日終了時点

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?