試合レポート

【東京】1回戦 関東一vs都立五商

2023.09.09


関東一が38得点で5回コールド勝ち!高校通算35本塁打のスラッガーやタイプが異なる投手陣など今年も投打で人材揃い

<秋季東京都高校野球大会1次予選:関東一38-0都立五商(5回コールド)>◇9日◇1回戦◇江戸川区

関東一が38得点の5回コールドで勝利を決めた。

初回からチャンスを作り、一挙14得点。その後も打線の勢いが止まらず、38得点を入れた。関東一の打撃陣のスイングは鋭く、打球も速く、力量の高いチームとの対戦でどこまでの打撃、走塁ができるか見てみたいと思わせるほど、ポテンシャルは高いチームだった。

この日は4人の投手が登板した。

夏も登板した坂井 遼投手(2年)が先発し、2回を無失点に抑えた。最速136キロの直球を中心に押す投球で、直球の切れ味は良く、球速表示以上に勢いがあった。

3回のみ登板した大後 武尊投手(2年)は173センチ、72キロとがっしりした体型から力強く腕を振っていく本格派右腕。腕の振りの強さからでも身体能力の高さがわかる逸材で、常時120キロ後半〜133キロをマークしていた。やや球速が出やすい神宮球場では140キロ近い速球も期待できる投手ではないか。

4回には左腕エースの畠中 鉄心投手(2年)が登板。かなりガッシリとした体型となって、鍛え込んできたのがうかがえる。最速は131キロほどだったが、威力ある速球は魅力だ。

最終回に登板したのは松澤 琉真投手(1年)。世田谷西シニア出身で、当時は4、5番手投手だったようだが、上手い投球術を見せる投手だった。80キロ〜90キロ台のカーブでタイミングを崩し、最速は134キロをマーク。緩急が使える投手で、今後が楽しみだ。

関東一の投手陣は、能力の高い投手が多く、強豪と呼ぶにふさわしかった。

野手もポテンシャルが高い選手が多い。主将に就任した主砲・高橋 徹平内野手(2年)は高校通算35本塁打を記録。さらに、この試合で本塁打を放った熊谷 俊之介捕手(2年)は180センチ、80キロの強肩強打の捕手だ。期待の大型遊撃手・越後 駿祐内野手(1年)もポテンシャルの高さが光るプレーを見せていた。

高橋主将は「今年は力がないチームだと思ってます。その分、声で負けないチームになりたい」と意気込む。這い上がることをテーマにした今年の関東一の戦いぶりが楽しみだ。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

髙尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.06

【愛知】誠信が優勝、県大会の出場校が出揃う<春季尾張地区予選結果>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?