News

巨人はドラフト12人中3人が甲子園を経験! 優勝、U-18代表、大谷翔平の後輩…多彩な経歴

2023.11.07


10月26日にドラフト会議が行われ支配下72人、育成50人の合計122人が指名された。その経歴は様々だが、その全員が高校野球を経験している。高校野球の集大成ともいえる甲子園に出場経験のある選手は、どれだけいるのだろうか。球団ごとに確認していきたい。
巨人はドラフト1位で西舘 勇陽投手の交渉権を獲得した。西舘は大谷 翔平投手(エンゼルス)や菊池 雄星投手(ブルージェイズ)と同じ花巻東(岩手)の出身。2年春夏、3年夏と、3度甲子園の土を踏んだ。合計3試合に登板しているが、8回を投げ防御率10.13と際立つ結果を残すことはできなかった。

ドラフト2位の森田 駿哉投手は、富山商(富山)で3年夏の甲子園に出場した。3回戦で日本文理(新潟)の飯塚 悟史(元DeNA)に投げ負けたものの3試合で25回を投げ、防御率0.72と堂々の成績を残している。甲子園終了後に行われたU-18アジア大会の日本代表に、巨人へ入団した岡本 和真内野手(智辯学園出身)らとともに選出され、銀メダル獲得に貢献した。

ドラフト4位の泉口 友汰内野手は、名門・大阪桐蔭(大阪)出身。徳山 壮磨投手(DeNA)と同学年で、3年春夏の甲子園に出場し、春の甲子園では日本一に輝いている。甲子園では、遊撃手のレギュラーとして2大会合計7試合で打率.538(13打数7安打)と打ちまくった。
ドラフト3位の佐々木 俊輔外野手(帝京出身)と同5位の又木 鉄平投手(日川高出身)は、いずれも甲子園出場がなかった。また育成ドラフトで指名した7選手も甲子園への出場はなかった。
文=勝田 聡

<巨人の指名選手>
※◎は甲子園で自身が出場経験あり
1位:西舘 勇陽花巻東ー中央大)◎
2位:森田 駿哉富山商ー法政大ーHonda鈴鹿)◎
3位:佐々木 俊輔(帝京ー東洋大ー日立製作所)
4位:泉口 友汰大阪桐蔭ー青山学院大ーNTT西日本)◎
5位:又木 鉄平(日川高ー東京情報大ー日本生命)
育成1位:三浦 克也(高岡向陵ー東京国際大)
育成2位:村山 源(鹿屋中央
育成3位:宇都宮 葵星(松山工ー四国IL愛媛)
育成4位:田上 優弥(日大藤沢
育成5位:園田 純規(福岡工大城東
育成6位:千葉 隆広(旭川明成
育成7位:平山 功太(瀬戸内ー環太平洋大中退ーベイサイドリーグ千葉)

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.10

センバツ準V報徳学園を止めるのは? 神戸弘陵の152キロ右腕、逸材集団の東洋大姫路…春の兵庫を盛り上げる逸材たち!【注目選手リスト】

2024.04.10

「アーニャ」で話題呼んだ仙台大の最速147キロ左腕・池田亮太 今年は「ピッチャーとしての自分に注目してほしい」

2024.04.10

【埼玉】八潮南、所沢商、浦和などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?