News

18年巨人ドラフトは戸郷がエース&WBC代表へ 他の選手の活躍状況は?

2023.09.26


戸郷 翔征

9月1日に高校生及び大学生のプロ志望届の公示が始まった。ドラフト会議へ向けて、これから報道が加熱していくことだろう。

野球界では、「ドラフトの成否は5年、10年経たないと分からない」とよく言われる。今シーズンが5年目のシーズンとなる2018年ドラフト指名選手たちは、どのような状況なのだろうか。球団別で振り返ってみたい。

巨人は2018年のドラフト会議の1回目の入札で根尾 昂投手(大阪桐蔭出身=現・中日)、2回目の入札でも辰己 涼介外野手(出身=現・楽天)と2人連続して抽選を外した。そして3回目の入札で交渉権を獲得したのが高橋 優貴投手(東海大菅生出身)だった。高橋はルーキーイヤーから5勝を挙げ、3年目の2021年には11勝9敗と好成績を残したものの、昨シーズンはわずか1勝。今シーズンもここまで6試合の登板で0勝1敗、防御率5.14と苦しんでいる。

一方でエースにまで成長したのが、ドラフト6位の戸郷 翔征投手(聖心ウルスラ出身)だ。戸郷は高卒ルーキーながら1年目にプロ初勝利を挙げると、2年目には9勝をマーク。昨シーズンは最多奪三振のタイトルを獲得し、今年3月に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の侍ジャパンにも選出された。今シーズンもここまで12勝5敗、防御率2.48と先発ローテーションの柱として結果を残している。

ドラフト3位の直江 大輔投手(松商学園出身)は腰痛の影響で一時は育成契約も経験したが、昨シーズンプロ初勝利をマーク。今シーズンはここまで中継ぎとしてキャリアハイとなる16試合に登板し6ホールド、防御率3.86の成績を残している。完全に1軍に定着したわけではないが、着実にステップアップしていると見ていい。

ドラフト4位の横川 凱投手(大阪桐蔭出身)も今シーズン飛躍したひとり。キャリアハイの20試合(先発16試合)に登板しプロ初勝利を含む4勝を挙げ、防御率3.95とまずまずの成績を残している。来シーズンは先発ローテーション入りを目指すシーズンとなりそうだ。

野手ではドラフト2位の増田 陸内野手(明秀日立出身)が4年目の昨シーズンに1軍デビューを果たした。開幕前は育成契約だったが、オープン戦で結果を残すと3月に支配下登録を勝ち取り、シーズンでは69試合に出場。5本塁打を記録するなど飛躍を感じさせた。しかし今シーズンはここまで1軍出場がない。

育成契約で加入した4人のなかで、今シーズンもNPBにおいて現役でプレーしているのは育成3位指名だった沼田 翔平投手(旭川大高出身)だけ。沼田は支配下登録を勝ち取り巨人で7試合に登板したものの、目立った成績を残すことはできず昨シーズンオフに戦力外となった。今シーズンはヤクルトで育成契約選手としてプレーしている。

<2018年ドラフト>

1位:高橋 優貴東海大菅生ー八戸学院大)
2位:増田 陸明秀日立
3位:直江 大輔松商学園
4位:横川 凱大阪桐蔭
5位:松井 義弥折尾愛真)※現在はARC九州(クラブチーム)
6位:戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園)
育1位:山下 航汰健大高崎)※現在は三菱重工west(社会人野球)
育2位:平井 快青岐阜第一)※すでに現役引退
育3位:沼田 翔平旭川大高)※現在はヤクルト
育4位:黒田 響生敦賀気比)※すでに現役引退

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>