News

【U-18】台湾を破り、世界一!!日本vs台湾  試合経過

2023.09.10


9月10日、U-18ワールドカップはいよいよ決勝戦を迎える。

日本の先発はエース・前田 悠伍投手(大阪桐蔭)が先発。野手はスーパーラウンド最終戦に出場した選手たちがそのまま出場する。前田は台湾の機動力を封じ、この日も快投を見せることができるか。

打線は台湾の剛速球右腕を攻略できるか。

 

<1回表>日本

1番寺地は四球。

2番山田は投犠打。

3番緒方は左前安打。

4番武田はスライダーで空振り三振。緒方は盗塁し、二死2,3塁。

5番丸田は一ゴロ。二者残塁に終わる。

<1回裏>台湾

1番邱鑫は中前安打。

2番許庭綸は犠打。

3番柯敬賢は中前適時打で1点先制。

4番王念好はチェンジアップで空振り三振。

5番林佳緯は空振り三振。

<2回表>日本

6番高中は左飛。

7番知花は良い当たりの三ゴロ。

8番尾形はスライダーで空振り三振。

<2回裏>台湾

6番李勛傑は空振り三振。

7番張趙紘は右飛。147キロをマーク。

8番胡孟智は三ゴロ。

<3回表>日本

9番橋本はフォークで空振り三振。

1番寺地は遊ゴロ。

2番山田は152キロのストレートで空振り三振。

<3回裏> 台湾

9番黃天賜は左飛。

1番邱鑫はニゴロ。

2番許庭綸は147キロのストレートで見逃し三振。

<4回表>日本

3番緒方は四球。

4番武田は犠打。

5番丸田はセーフティバント。アウトになったが、リプレー判定の結果、チャレンジ成功し、セーフに。

6番高中はスクイズ。まず三塁走者生還。さらに暴投の間に一塁走者も生還して、日本が逆転!高中は二塁へ。

 

7番知花は三ゴロで二死3塁。

8番尾形はニゴロ。

<4回裏>

3番柯敬賢は三ゴロ。

4番王念好は右前安打。

5番林佳緯は中飛。

6番李勛傑は四球。

<5回表>日本

9番橋本は投ゴロ。

1番寺地は四球

ここで台湾は投手交代。

 

2番山田は犠打を試みるが捕邪飛。

3番緒方は左飛。

<5回裏>台湾

8番胡孟智は見逃し三振。

9番黃天賜 は右飛。ライト・知花はファインプレー!

1番邱鑫は中飛。

<6回表>日本

4番武田は二塁内野安打

5番丸田は犠打。

6番高中は右前安打。

7番知花は空振り三振。

8番尾形はスライダーで空振り三振。

<6回裏>台湾

2番許庭綸は左前安打。

3番柯敬賢は犠打で一死2塁。

4番王念好は初球を打って中飛。

5番林佳緯の場面でバッテリーミスで三塁。3ボールになったため、申告敬遠。

6番李勛傑は中飛。

<7回表>日本

9番橋本は左前安打。

1番寺地は犠打が三飛。

2番山田の場面で橋本が盗塁。山田は左前安打。

3番緒方の場面でスクイズを仕掛けたが失敗。二死3塁に。高めのストレートに空振り三振。

 

<7回裏>台湾

7番張趙紘は三ゴロ失策。

8番胡孟智は捕邪飛。

9番黃天賜の場面で代打投入。遊飛び。

1番邱鑫は二ゴロ。

初の世界一!!

<スタメン>
1番(一)寺地 隆成明徳義塾
2番(遊)山田 脩也仙台育英
3番(二)緒方 漣横浜
4番(DH)武田 陸玖山形中央
5番(中)丸田 湊斗慶應義塾
6番(三)高中 一樹聖光学院
7番(右)知花 慎之助沖縄尚学
8番(捕)尾形 樹人仙台育英
9番(左)橋本 航河仙台育英
投手  前田 悠伍(大阪桐蔭)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード