News

【U-18】初の世界一に輝いた高校日本代表 悲願達成までの軌跡を振り返る

2023.10.03


高校日本代表が悲願の世界一を達成した。エース・前田 悠伍投手(3年=大阪桐蔭)を筆頭に、MVPに輝いた緒方 漣内野手(3年=横浜)、ベストナインに輝いた東恩納 蒼投手(3年=沖縄尚学)らが馬淵監督のもとで世界の猛者を相手に奮闘した。今回は世界一までの道のりを写真とともに振り返っていく。

<壮行試合>

【vs大学日本代表 8 – 0】

強力投手陣の前に3安打完封負けを喫した高校日本代表。本大会に向けて野手陣は課題を残しつつも、投手陣は奮闘を見せて収穫を残した。特に先発した前田 悠伍投手(3年=大阪桐蔭)は2回3奪三振無失点と、大学生スラッガー相手に真っ向勝負で封じた。他にも木村 優人投手(3年=霞ヶ浦)、東恩納 蒼投手(3年=沖縄尚学)など、本大会でも好投した投手たちが、大学生相手に好投を見せた。

前田 悠伍

小林 隼翔

常廣羽也斗

宗山塁

中島大輔

日本代表を率いる監督・コーチ

<オープニンググラウンド>

【vsスペイン 10 – 0】

オープニングラウンドの初戦・スペインとの一戦は、10対0の6回コールドと幸先よいスタートを切った。特に4番に座った森田 大翔内野手(3年=履正社)、7番ながら3安打の活躍を見せた緒方 漣内野手(3年=横浜)の活躍が目立った一戦だった。

緒方 漣

武田 陸玖

寺地 隆成

【vsパナマ 7 – 0】

初戦・スペインとの一戦で勢いづいた日本代表は、2戦目・パナマも7対0で下した。初戦に続き、緒方 漣内野手(3年=横浜)が3安打をマークする活躍を見せれば、主将・小林 隼翔内野手(3年=広陵)も4安打を放つなど、打線が再び活躍を見せる一戦だった。

中山 優月

髙橋 煌稀

【vsアメリカ 4 – 3】

2連勝で迎えた第3戦・アメリカは、4対3の末に日本が勝利。強敵に勝利し、さらに勢いに乗った。初回に森田 大翔内野手(3年=履正社)のタイムリーで幸先よく2点を奪うと、今大会初先発の前田 悠伍投手(3年=大阪桐蔭)が5回途中まで無失点の好投。最後はアメリカの意地で猛追を受けたが、森 煌誠投手(3年=徳島商)の好リリーフで3連勝を飾った。

問題となったシーン

森田 大翔

日本代表 鉄壁の二遊間

前田 悠伍

【vsベネズエラ 10 – 0】

ベネズエラとの第4戦は、中盤に主導権を握り、10対0の快勝で4連勝となった。0対0の4回に打者一巡で一挙5得点でリードを奪うと、6回には4点を追加。守っても今大会2度目の先発だった東恩納 蒼投手(3年=沖縄尚学)が4回1安打無失点の好投。終わってみれば11安打10得点でベネズエラに勝利した。

寺地 隆成

新妻 恭介

新妻 恭介

【vsオランダ 0 – 1】

オープニングラウンドの最終戦・オランダとの一戦は、0対1の惜敗。4勝1敗でスーパーラウンドへ駒を進めることになった。先発した髙橋 煌稀投手(3年=仙台育英)が4回1失点で試合を作ったものの、打線が1安打に沈黙。チャンスを作ることが出来ず、スーパーラウンドに向けて課題を残す一戦となった。

日本代表 アップの様子

日本代表 整列

<スーパーラウンド>

【vs韓国 7 – 1】

スーパーラウンドの初戦はライバル・韓国が相手となったが、結果は7対1と攻守で主導権を握った日本が勝利した。先発した前田 悠伍投手(3年=大阪桐蔭)が初回三者凡退で抑えると、打線は2階に一挙3得点。前田を援護することに成功する。

その後、3対1と韓国に詰め寄られたが、6回には2番に入った山田 脩也内野手(3年=仙台育英)にホームランが飛び出すなど4点を追加。これがダメ押しとなり、日本が韓国を下した。

尾形 樹人

尾形 樹人

森 煌誠

山田 脩也

【vsプエルトリコ 10 – 0】

スーパーラウンド2戦目はプエルトリコが相手だったが、投打で圧倒して10対0の5回コールドとなった。

先発した東恩納蒼投手(3年=沖縄尚学)が5回無失点、しかもランナーを1人も出さないパーフェクトピッチングで付け入るスキを与えない。打線も初回から2点を先制してリードを奪うと、4対0で迎えた5回、代打・高中 一樹内野手(3年=聖光学院)の一打などで6点を加えて、決勝戦進出を決めた。

高中 一樹

森田 大翔

東恩納 蒼

橋本 航河

【vsチャイニーズ・タイペイ 5 – 2】

スーパーラウンド最終戦はチャイニーズ・タイペイと一戦。互いに翌日の決勝戦で対戦することが決まっており、様々な思惑がある中で、試合は初回から先発・髙橋 煌稀投手(3年=仙台育英)が3失点。さらに2番手・森 煌誠投手(3年=徳島商)が勢いを止められず、2対5で敗れた。

天母野球場

髙橋 煌稀

セーフをアピールする緒方漣

高中 一樹

安田 虎汰郎

<決勝>

【vsチャイニーズ・タイペイ 2 – 1】

悲願の初優勝がかかったチャイニーズタイペイとの決勝戦は、2対1の接戦の末に勝利。初の世界一に立った。

先発・前田 悠伍投手(3年=大阪桐蔭)が立ち上がりに失点し、苦しい時間が続いたが、4回に日本打線が反撃。緒方 漣内野手(3年=横浜)が四球、さらに5番・丸田 湊斗外野手(3年=慶應義塾)の内野安打でチャンスを作ったところで、高中 一樹内野手(3年=聖光学院)がスクイズを成功。相手の守備の乱れも重なり、一気に逆転に成功すると、1点リードを前田が守る。

ランナーを出しても粘り強い投球でスコアボードに0を刻み続け、最後は二ゴロでゲームセット。前田の1失点完投で日本が歓喜の輪を作った。

盛り上がる日本代表ベンチ

得点シーン

歓喜の瞬間

 

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード