News

U-18W杯で世界一に貢献した仙台育英4選手に特別表彰、高校最後の大会・鹿児島国体への意気込みも

2023.09.25


第31回U-18W杯(台湾)での日本代表の世界一に貢献した仙台育英(宮城)の山田 脩也内野手(3年)、橋本 航河外野手(3年)、高橋 煌稀投手(3年)、尾形 樹人捕手(3年)が、宮城県高野連から特別表彰を受けた。秋季宮城県大会の3位決定戦と決勝戦が行われた24日、会場の仙台市民球場で表彰式が開かれ、4選手が参加した。

JAPANのユニホームを着た4選手は1人ずつ表彰状を受け取り、スタンドからは声援や拍手が送られた。代表して山田が「本当にたくさんの方々に支えていただき、そして日本中のみなさんにご声援をいただき、世界一に輝くことができました。この経験を自分たちの次のステージに生かせるよう、これからも頑張ってまいります」などとあいさつ。最後には「宮城だけではなく、全国の高校野球の応援をよろしくお願いします」と呼びかけた。

表彰式後の取材では、「大会中、印象に残った試合は」との質問が飛んだ。尾形が「甲子園とは違う独特の緊迫感のある試合で楽しかった」と振り返るなど、1点差で勝利した決勝の台湾戦を挙げる選手が多い中、高橋は2対5で敗れたスーパーラウンドでの台湾戦を挙げた。この試合で先発した高橋は1回3失点で降板。悔しさを味わった一方、「今の自分の位置や状態を知ることができて、課題も見つかった。個人として成長につながる良い登板になった」と前向きに捉える機会にもなった。

大会を終えて仙台に戻り、多くの祝福の声を耳にすることで、世界一の実感が湧いてきたという4選手。「チームメートからの『ありがとう』の言葉が一番うれしかった」と声を揃えた。

休む間もなく、10月8日には鹿児島国体が開幕する。初戦の相手は夏の甲子園決勝で敗れた慶應義塾(神奈川)だ。「一番は優勝することだけど、あとは楽しむだけ」(山田)、「運命のような組み合わせ。夏のリベンジを果たしたい」(橋本)、「一戦必勝で、チーム一丸となって優勝できるよう頑張りたい」(高橋)、「全員で高校野球生活最後の思い出の一ページを作りに行きたい」(尾形)とそれぞれが意気込みを口にした。

甲子園で優勝と準優勝を経験し、世界一にも輝いた4選手。最後まで楽しみながら、全力で高校野球をやり抜く。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?