試合レポート

【甲子園】1回戦 東海大星翔 vs 浜松開誠館

2023.08.10


浜松開誠館の勝負強い4番捕手が一振りでチームに歴史的勝利もたらす

<第105回全国高校野球選手権記念大会:浜松開誠館5ー2東海大星翔>◇10日◇1回戦◇甲子園

頼れる4番のひと振りが、甲子園初陣での初勝利をもたらした。1点ビハインドで迎えた5回。甲子園初出場の浜松開誠館(静岡)の新妻 恭介捕手(3年)が2ランを放って逆転。自身甲子園初アーチで、チームの歴史にその名を刻んだ。

第1打席は2回の先頭打者で遊ゴロ、第2打席は3回のチャンスで左飛。ふがいない結果に終わっていたが、第3打席で本領を発揮した。初球から直球を積極的に振りにいくとやや振り遅れ気味にファウルとなっていたが、カウント2ー2からのやや高めに入ったスライダーを振り抜くと打球は左翼席へ。体が勝手に反応したようなスイングでバットの先に乗せた打球。チームの思いと自身のリベンジの気持ちが、大きなアーチを描かせた。

チームは8回にも2点を奪って勝利を決定づけた。静岡大会では準決勝でサヨナラ打を放つなど、勝負強さが光る新妻の一振りが甲子園でもチームに勇気をもたらし、大きな勝利をもたらした。

先発の近藤 愛斗投手(3年)は2回までに2点は失ったが、3回以降は立ち直って5回まで安打を許さず、6回まで追加点を許さなかった。7回途中からは2番手・広崎 漣投手(3年)が好リリーフ。最後まで東海大星翔(熊本)に反撃を許さず逃げ切った。

今大会、甲子園初出場チームは4校出場。共栄学園(東東京)は初戦敗退したが、高知中央(高知)、鳥栖工(佐賀)に次いで3チーム目の初陣初勝利となった。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.23

「無欲すぎて就職希望だったところを……」紅林弘太郎(オリックス)、恩師が明かす高校3年間

2024.04.23

LINEの返信は『ウッス!』、ミーティング中に上の空……高校時代の恩師が語る「紅林弘太郎はオリックスだからこそ活躍できた」

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!