News

センバツ出場校・慶應義塾が野球教室を開講 なぜ全国大会前に開催したのか

2023.02.23

センバツ出場校・慶應義塾が野球教室を開講 なぜ全国大会前に開催したのか | 高校野球ドットコム
センバツ出場校・慶應義塾が野球教室を開講

 第95回記念選抜高校野球大会に出場する慶應義塾(神奈川)が23日、野球教室を開き、小学1年生から6年生まで約150人の子どもたちと交流した。

 3年ぶりとなった今回の野球教室は朝9時頃から開講し、およそ3時間のプログラムで進行。ベースランニングやティー打撃など6つのグループに分けて、選手たちは子どもたちの指導にあたった。

 ティー打撃では安全に十分注意したうえで、子どもたちが硬式バットを握って、硬式球を打った。「重たい」などの声を上げながらも一生懸命スイングする子どもたちに、高校生も時折実演を見せるなど、高校野球のレベルの高さを見せた。

 小休憩のときにみせたピッチングとフリー打撃は大いに盛り上がった。エース・松井 喜一投手(2年)がピッチングを披露。最速137キロの直球に、切れ味鋭いスライダーを投じた。フリー打撃では、下級生ながら4番を任される高校通算11本塁打の加藤 右悟外野手(1年)と高校通算10本塁打の5番・福井 直睦外野手(2年)が豪快なバッティングを見せた。子どもたちの眼差しは、次第に「先輩」への憧れに変わっていた。少年野球の指導者からも「硬式球であったり、高校野球に触れる機会があるのは、子どもたちに夢を与えることになるので、開催してくれるのは嬉しいです」という声が上がった。

 慶應義塾は3月18日からセンバツが控えている。先日までテストがあり、およそ2週間ほど全体練習ができていない中で、今回の野球教室を開いた理由について、森林監督はこう説明した。

「このチームはグラウンドで野球をやるだけではなく、野球以外の取り組みを含めて一生懸命やるチームです。なので、センバツがあるから野球だけをやるのではなく、今までやってきた多角的な取り組みで、人間性を高める取り組みをあえて継続することを選手には伝えました」

 日本一という目標を達成する意味でも、3年ぶりに開催した野球教室は大事な取り組みになり、さらに「(センバツまで)時間がないですが、だからこそ取り組む。これが自分たちの正しい時間の使い方だと思っていますし、そういうことを伝えたい」とも付け加えた。

 ピッチングを披露した松井は「今日よりもレベルアップして、ピッチングだけではなく、総合的に凄いと思われるような投手として甲子園で活躍したい」と今回の野球教室でスイッチがさらに入ったようだった。

 子どもたちからの力ももらって、18日からのセンバツで大暴れにつなげる。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.13

21世紀枠推薦校の鶴丸、2試合連続で接戦を制する!光った「声のベンチワーク」【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.13

北北海道が開幕!士別翔雲、旭川実、北見柏陽が8強入り【夏の甲子園】

2024.07.14

創部3年目・エナジックが昨夏王者にコールド勝ち!東海大福岡は8強入り【九州実力校・13日の試合結果】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】