Column

ドラフト期待度ランキング2023 20位~11位 全国レベルの本格派右腕&左腕を多数選出!高卒プロ入りの可能性も!

2023.01.04

ドラフト期待度ランキング2023 20位~11位 全国レベルの本格派右腕&左腕を多数選出!高卒プロ入りの可能性も! | 高校野球ドットコム
日當 直喜(東海大菅生)
 

ドラフト期待度ランキング2023 20位~11位 全国レベルの本格派右腕&左腕を多数選出!高卒プロ入りの可能性も! | 高校野球ドットコム期待度ランキング
・30位-21位
全国レベルの二刀流、好捕手、好遊撃手、スラッガーなどを選出!
・20位-11位
全国レベルの本格派右腕&左腕を多数選出!高卒プロ入りの可能性も!
・10位-1位
世代を代表する剛腕、スラッガーが集う中で、今年の暫定No.1になったのは?

ドラフト期待度ランキング2023 20位~11位 全国レベルの本格派右腕&左腕を多数選出!高卒プロ入りの可能性も! | 高校野球ドットコム一覧
2023年高校生ドラフト候補リスト
2023年大学生ドラフト候補リスト
2023年社会人ドラフト候補リスト

 2023年の幕が開けた。今年も大人気企画である期待度ランキングがスタート。今回は20位から11位の逸材を紹介したい。高卒プロ入りの可能性を持った逸材ばかりだ。

20位 小笠原 蒼投手(京都翔英

今年の京都を代表する二刀流。本人は高卒プロを狙っており、それを目指せるポテンシャルがある。太ももの大きさは21年の高校生を代表する強打者・前川 右京外野手(智辯学園ー阪神)を思い出す。いつでもフルスイングを心がけ、強烈な打球を飛ばし、外野席上段へ本塁打を飛ばすことも。投手としても140キロ前後の速球を投げるが、次のステージでは野手で勝負したい気持ちが強い。果たしてこの1年、トップレベルの活躍を見せることができるか。

アピールポイント 京都府を代表する二刀流 ポテンシャルの高さを最大限に発揮できるか

19位 高橋 史佳投手(日本文理

日本文理(新潟)が誇る速球派右腕。前チームのエース・田中 晴也投手(ロッテ)とは速球の球質が違うのが特徴。田中はキレ型の直球を投げるが、高橋は球質が重い直球を投げることができる。昨秋の北信越大会では苦しい投球に終わった。世代トップクラスの馬力を誇る剛腕はこの1年、どれだけ総合力を高めることができるか。

アピールポイント 威力抜群の140キロ中盤の速球は魅力 前チームの田中(ロッテ)にはない球質が重い直球を投げる

18位 青山 達史外野手(智辯和歌山

強打の智辯和歌山(和歌山)を牽引するスラッガー。振り幅が大きいスイングで次々と本塁打を量産する。外野手としても強肩で、見ていて惚れ惚れするほどの逸材だ。再び全国の舞台で思う存分、パワフルな打撃をアピールできれば、高卒プロ入りの可能性は十分にある。

アピールポイント パワフルなスイングから次々と本塁打を量産するスラッガー

17位 山田 脩也内野手(仙台育英

昨年の明治神宮大会で評価が急上昇し、現段階で高校生No.1遊撃手と呼べる。安定した遊撃守備で多くのアウトを演出し、ミート力の高い打撃で次々と安打を連発。技術的にも最も高度で、心身の成長が大きくパフォーマンス向上につながっていたため、この順位とした。仙台育英(宮城)は好遊撃手を多くプロに輩出しているが、先輩と比較しても負けていないといえる。秋までNo.1遊撃手として活躍できるか。

アピールポイント 全国大会でも活躍を見せる世代トップクラスの遊撃手

16位 日當 直喜投手(東海大菅生

ポテンシャルの高さだけではなく、キャラも濃い剛腕。190センチの長身から繰り出す最速148キロの直球と鋭く落ちる変化球の精度も高い。どんなにピンチを迎えても、飄々と切り抜けてしまうなど、つかみどころがない投手だ。

前チームのエース・鈴木 泰成投手とタイプは違うが、プロを狙える才能とマインドを持っている

アピールポイント つかみどころがない剛腕。走者を毎回出しても最少失点に切り抜ける粘り強さがある

[page_break:15位〜11位]
ドラフト期待度ランキング2023 20位~11位 全国レベルの本格派右腕&左腕を多数選出!高卒プロ入りの可能性も! | 高校野球ドットコム
仁田 陽翔(仙台育英)

15位 木村 優人投手(霞ヶ浦

昨年、152キロ右腕・赤羽 蓮投手がソフトバンクから育成1位指名を受けたが、赤羽は剛速球を投げる素質の高さがあった。木村は総合的に優れた投手だろう。すでに140キロ中盤の速球が投げられ、変化球の精度も高く、完投能力がある。打撃センスもあり、取材を通じて次のステージで必要なマインドの強さをひしひしと感じられた。木村は本指名を狙える実力を持った投手だと評価している。今春の県大会では、多くのスカウトが訪れるのではないか。

アピールポイント  伸びのある140キロ前半は魅力的。完投能力もある

14位 松石 信八投手(藤蔭

下級生の時から140キロ後半の速球を投げ込む剛腕として話題となっていた逸材。昨夏も登板していたが、まだ公式戦の大活躍はない。それでも、フォームの良さで140キロ後半の速球を投げ込む素質の高さがあり、あとはどれだけ投手としてアピールできるか注目が集まる。この春は九州大会出場を狙うつもりで、活躍をしてほしい。

アピールポイント 細身の体型から繰り出す140キロ後半の速球が持ち味

13位 武内 涼太投手(星稜

星稜(石川)の大エースとして活躍した奥川 恭伸投手(ヤクルト)を彷彿させる逸材。

もっと上の順位にいないといけないぐらいこの投手の素質は、ずば抜けている。体全体をうまく使った投球フォームから繰り出す140キロ中盤の速球と、切れ味鋭いスライダーのコンビネーションで翻弄する投球が光る。もっと直球がボリュームアップすれば、さらに見栄えするだろう。

ポテンシャルの高さからは、10位以内にいないといけない投手。ただ、このオフ期間で目の色を変えて取り組めば、世代トップクラスの投手になれる可能性は秘めている。

アピールポイント 躍動感のある投球フォームから140キロ中盤の速球とスライダーを投げ込む完成度の高さは随一

12位 ハッブス 大起投手(東北

上尾シニア時代から評判の好投手。目につくのは滑らかな体重移動が光るフォームから繰り出す140キロ前半の速球は伸びがあり、素質の高さを感じさせる。春になれば、どんなパフォーマンスを発揮するのか、楽しみだ。今春のセンバツ出場に前進している立場でもあり、秋以上の投球を実現できれば、評価は自ずと上がっていくのではないだろうか。

アピールポイント 140キロ前半ながら、伸びのある球質は魅力。フォームもよく、数字以上に見栄えする投手

11位 仁田 陽翔投手(仙台育英

昨夏の甲子園で147キロをマークし、注目を浴びた速球派左腕。昨秋から公式戦での登板機会が増えて、コンスタントに145キロをマークするようになり、昨秋の明治神宮大会の準決勝・大阪桐蔭(大阪)戦では、前田 悠伍投手(2年)を上回る平均球速をたたき出していた。今年の仙台育英(宮城)ナインで、NPBドラフト上位を狙えると思わせ、この1年、才能開花の兆しが見える投球を期待したい。

アピールポイント 左腕ながら145キロを連発。鋭角な曲がりを見せるスライダーも武器

(記事=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!