Column

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…!

2022.10.18

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
斉藤優汰、浅野翔吾、イヒネ・イツア、松尾汐恩

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム期待度ランキング
・50位-41位
全国舞台で活躍してきた左腕、伸び盛りの右腕などを選出!
・40位-31位
超高校級捕手、大型左腕、スラッガーなどを多く選出!
・30位-21位
全国レベルの大型スラッガー、トップレベルの強肩捕手を選出!
・20位-11位
152キロ右腕、将来性抜群のプロ向きの速球派右腕がランクイン!
・10位-1位
イヒネ、浅野などスター選手が揃う中で、No.1に輝いたのは…!

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコムプロ志望届提出者一覧
高校生154人
大学生187人

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム一覧
2022年高校生ドラフト候補リスト
2022年大学生ドラフト候補リスト
2022年社会人ドラフト候補リスト
2022年引退者・退団・戦力外リスト

 高校野球ドットコムの大人気企画「期待度ランキング」。特にドラフト前に行うランキングは、最も注目度が高い。今回はプロ志望154名から上位50名を選出させていただいた。

 いよいよベスト10である。能力の高さ、将来性、スター性すべてにおいて優れ、球界を代表する選手になるかもしれない逸材を選んだ。

10位 山田 陽翔投手(近江

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
山田陽翔(近江)

 今年の高校生をドラフト的な観点でみた時、近江山田 陽翔投手より素材的に魅力がある逸材はいる。ただ、それでも山田をこの順位にしたのは、場数をかなり踏んでいるということ。2年夏に甲子園出場してからいずれもベスト4以上と、その実績は計り知れないものがある。

 もちろん能力においても、140キロ後半の速球、140キロを超えるツーシーム、130キロ台のスプリット、スライダーといった各種変化球も素晴らしい。

 山田は課題を設定して、それを克服して努力できる姿勢。大舞台の中でも力を発揮できるメンタリティの強さ。プロで生き残るのはこういう投手ではないかと思わせる投手だ。

 打者としても荒削りなフォームながら本塁打量産できる強みがあるが、マインド的に投手として見てみたい。どんな進化をたどるのか楽しみだ。

9位 大野 稼頭央投手(鹿児島大島)

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
大野稼頭央(大島)

 多くいる左腕の中で、今年はこの投手が一番だと実感した。躍動感のある投球フォームで、140キロ前半の速球、切れ味鋭いスライダーはいずれも精度が高く、今年の高校生左腕の中でも最も質が良い。緩急を使った投球ができるのも魅力的だ。

 投球フォームも下半身の強さ、柔軟性の高さを生かしたもので、さらに伸びると思わせるものがある。3年かければ、一軍の先発投手として投げられる可能性を感じさせる潜在能力も秘めており、どんな成長をたどるのか楽しみだ。

8位 田中 晴也投手(日本文理

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
田中晴也(日本文理)

 1年前からドラフト上位候補として注目されていた剛腕。昨年、甲子園で敦賀気比から打ち込まれた経験を活かし、しっかりと実戦的な投手へ成長をしていた。体全体を使って140キロ中盤の直球はキレがあり、ドラフト前の取材でみたストレートは意外とキレ型の球質なんだと実感させられた。

 マメが潰れた甲子園ではなく、力投を続けた新潟大会の投球を振り返ると、コントロール重視の140キロ中盤の速球を続け、スプリットの精度も高く、しっかりと投手として成長を見せていた。

 馬力もある投手なので、さらに投球動作を極めれば、常時150キロ台も十分期待できる投手。パワー型の先発投手として化けることを期待したい。

7位 斉藤 優汰投手(苫小牧中央

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
斉藤優汰(苫小牧中央)

 斉藤は広島がドラフト1位指名することを公表した大型右腕。ワインドアップから振りかぶる140キロ後半の速球、スライダー、フォークなど多彩な変化球を投げ分け、圧倒する本格派。1球1球のボリュームは1位指名に挙がるにも理解できる。

 ただ、フォーム、投球術などいろいろ課題を持った投手で、ヤクルト・奥川恭伸投手(星稜)、中日・高橋 宏斗投手(中京大中京)のように高卒2年目から明確にローテーションを担える投手であるかというと、現時点ではない。ただ、リターンはかなり大きい投手なので、広島の育成力に期待をしてみたい。

 育成しなければならない素材だといえる。

6位 川原 嗣貴投手(大阪桐蔭

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
川原嗣貴(大阪桐蔭)

 急激な追い上げで、世代No.1投手まで成長した怪腕。U-18ワールドカップ、国体と順調に素質を伸ばし、圧巻の投球を見せた投手は、大きなアドバンテージとなる。その上で川原は188センチと上背にも恵まれており、角度のある145キロ前後のストレートは何より魅力的。130キロ後半のカットボール、130キロ前後のスプリット、スライダー、110キロ台のカーブを織り交ぜ、投球の幅も広く、終盤でもクオリティが落ちない。

 近年、プロ入りした大阪桐蔭の投手陣でもトップレベルの力量で、将来性も安定感も兼ね備えた大型右腕として6位にさせていただいた。

[page_break:5位〜1位]

5位 西村 瑠伊斗外野手(京都外大西

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
西村瑠伊斗(京都外大西)

 今年の高校生を代表するスラッガーで、投手としても140キロ後半の速球を投げ込む。ドラフト候補に挙がる多くの選手が、屈強な肉体をしているのだが、西村の場合、投手体型で、これほどの飛距離を誇る。技術的にも優れ、まるで高橋 由伸氏(元巨人)の現役時代を思い出すような体の回転で多くの長打を生み出す。

 抜群の強肩を秘め、強肩強打のスラッガーを確保したい球団にとってはこれ以上ないほどの素質を秘めた逸材だ。

4位 内藤 鵬内野手(日本航空石川

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
内藤鵬(日本航空石川)

 日本航空石川の内藤は昨春の県大会で5本塁打を放ち、話題となったスラッガー。スラッガーでありながらスイングにも大きな癖がなく、豪快なフォロースルーを生かした打撃フォームを見れば、プロの世界でも長距離砲として化ける予感をさせる選手だ。

 三塁守備も強肩が光り、守備力は悪くない。スラッガー候補として多くの球団が上位候補に名を連ねているが、果たしてどの順位で指名するのか注目したい。

3位 イヒネ イツア内野手(

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
イヒネ・イツア(誉)

 ソフトバンクが1位指名公表した大型遊撃手。両親がナイジェリア人で、まるで陸上の短距離選手のような筋肉の付き方をしていて、スタイルの良さが目につく。打撃はヒッチをうまく使った打法で、肘のたたみ方が上手く、インコースの捌きが非常に上手い。コンタクト力が非常に高く、このレベルに達した高校生はなかなかいない。

 また高校生にしては丁寧に守備をしている。プレー全体に躍動感があり、「天井が見えない」との評価もある。この選手を球界屈指のプレーヤーに育てれば、NPBのレベルはかなり上がるだろうと思わせる選手。ぜひ入団させたチームは大成をさせてほしい。

2位 松尾 汐恩捕手(大阪桐蔭

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
松尾汐恩(大阪桐蔭)

 今年の世代を代表する高校生捕手。今年、ドラフト候補に上がる野手の中では細身に見えるが、ボールを遠くへ運ぶ技術が素晴らしく、何より甘い球を見逃さない嗅覚の良さも凄い。何より大きな強みになるのは勝負勘の良さ。この世代になってから明治神宮・国体・甲子園合わせて7本塁打を放った長打力も魅力だ。

 捕手としてもフレーミングが実に上手く、1.8秒台の強肩。修羅場をくぐり抜けたインサイドワーク、ショートもこなすほどのフットワークの良さ、視野の広さが伝わる守備意識はどれも世代屈指トップクラスだ。西武・森友哉捕手(大阪桐蔭)の高校時代を上回るディフェンス力はある。

 ショート転向してみたら面白いと思わせる選手でもあるが、個人的には高卒2年目以降から一軍も期待できる選手だ。1位指名する球団も現れるのではないだろうか。

1位 浅野 翔吾外野手(高松商

ドラフト期待度ランキング 10位-1位 イヒネ、浅野などスター投手、スター野手が揃う中で、No.1に輝いたのは…! | 高校野球ドットコム
浅野翔吾(高松商)

 今年の高校生No.1プレイヤーは浅野に決定した。浅野は年明けに実施した期待度ランキングでも1位としていたが、甲子園でのパフォーマンスを見て改めて1位に決定した。この夏は計3本塁打をマーク。高校生レベルでは攻略する難易度が高い山田 陽翔投手(近江)をいとも簡単に打ち崩す姿を見て、レベルが違うと実感した。

 本塁打を打てるスラッガーの中でも技術、対応力の高さはNo.1。U-18では浅野の期待値からすると満足いく成績ではなかったものの、現時点で、来年からまず二軍で1年間レギュラーとして打席を与えたいと思わせる選手だ。それだけ投資させたいと思わせる才能が備わっている。

 巨人が1位指名を公言しているが、大観衆、多数のメディアから注目を浴びる巨人の1位指名に相応しい能力、マインドの強さを持った選手だ。これからも世代を牽引するスラッガーになってほしい。

(記事=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?