News

青山ー中道の2年生バッテリーがプロ入り!2011年夏に全国16強入りを果たした智辯学園ナインのその後を紹介

2020.07.22

青山ー中道の2年生バッテリーがプロ入り!2011年夏に全国16強入りを果たした智辯学園ナインのその後を紹介 | 高校野球ドットコム
高校時代の青山大紀

 全国で独自大会が続々と開幕し、ようやく高校野球界にとって明るい話題が湧き上がっている。そこで、ここではこれまで甲子園を盛り上げたチームと選手を振り返り、彼らのその後を追っていく。

 今回は、2011年夏に全国16強入りを果たした智辯学園ナインのその後を紹介する。

投手 青山 大紀 2年(トヨタ自動車-オリックス)2015年4位
捕手 中道 勝士 2年(明治大-オリックス-堺シュライクス)2016年育成5位
内野手 大西 佑季 3年(法政大)
内野手 住谷 将来 3年(同志社大)
外野手 小野 耀平 2年(明治大-ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校-NOMOベースボールクラブ-日本製鉄東海REX)

 2回戦の鶴岡東戦、3回戦の横浜戦は完投勝利を果たした2年生エース・青山 大紀は3年春にも甲子園出場に牽引。高校卒業後はトヨタ自動車を経て、2015年にオリックスに4位で指名を受け入団。2016年にはU23日本代表に選出されW杯優勝を経験。2019年オフに現役を引退した。

 青山とバッテリーを組んだ同じく2年の中道 勝士は甲子園後、AAA世界野球の日本代表にも選出される。明治大を経て、2016年にオリックスに育成5位指名を受け入団も、1年で戦力外通告を受け、2019年からは関西独立リーグの堺シュライクスに入団し1年間プレー。41試合に出場し152打数51安打5本塁打32打点、打率はリーグ4位の.336を記録した。

 投手も務めた小野 耀平は中道と共に、AAA世界野球の日本代表に選出され、明治大に進学。その後同大中退を経てルネス紅葉スポーツ柔整専門学校、NOMOベースボールクラブと渡り、現在は日本製鉄東海REXでプレーする。

 高校野球引退後もそれぞれの舞台で活躍を続けた2011年夏に全国16強入りを果たした智辯学園ナインたち。現役の智辯学園ナインは、甲子園交流試合にも出場予定で、今夏の奈良の独自大会では21日に初戦を迎え、コールド勝ちで幸先良いスタートを切った。次戦は26日に関西中央と対戦する。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
エース・今井、好打者・長野など2014年の夏を盛り上げた三重高校準優勝メンバーのその後
堂林や磯村ら 2009年中京大中京の全国制覇メンバーたちのその後
横尾、高山など2011年甲子園優勝・日大三ナインの現在地

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】